最近読んだ本とか

2013年09月22日

読書リストがどっかいったために、900冊以降の本のナンバリングが出来なくなってしまった。
ジョルテに記録していた範囲―2012年8月以降になる―での読書記録を読書順のままに移しておくことにする。
[最近読んだ本とか]の続きを読む

[本] 新書365冊

2012年07月29日


新書365冊 (朝日新書)(2006/10)
No:0192
Rank: A
著:宮崎 哲弥
属:読書案内(新書)・雑学
読了1:0712??
読了2:未
Ex:

・毎月60~100冊は読むという宮崎哲弥さんが連載していた新書レビューコラムの書籍化。
・体系的な知識が得られた昔の新書と異なり、最近は「読後に何も残らないような」新書が増えてきたと感じている彼が泣く泣く選んだ最近の当たり本リスト。
・さまざまなジャンルの本にそれぞれBest・Better・Worstと評価がついており、ついで各書の要約と感想が書かれている。おかげで、読者は地雷本に手を出すことなく(著者の考える)良質な本を手に入れることができるというわけだ。
・すでに本書が発売してからかなりの年数が経っているため、どの本も中古でかなりの割安価格で購入できる。その点でも本書はかなりのコストパフォーマンスを発揮している良本なのではなかろうか。
[[本] 新書365冊]の続きを読む

[本] インテリジェンス―武器なき戦争

2012年07月29日


インテリジェンス 武器なき戦争 (幻冬舎新書)(2006/11)
No:0191
Rank: S
著:手嶋 龍一、佐藤 優 他
属:対談本・外交・国際問題・諜報・情報戦
読了1:071201
読了2:未
Ex:

・日本には表立った諜報機関が存在しない。あるのは外務省と自衛隊の情報科くらいのものだ。
・確固とした武力の後ろ盾のないハンデを負った中で、無限責任(国家・国益のためになら死をも受け入れる)を背負い闘う外交官たちの仕事ぶりを、かつて?情報戦の最前線にいた2人の対談形式で語られる。
・911やテポドン発射のとき、各国の諜報員はどのように動いていたのか?そしてなぜ日本がスパイ天国と呼ばれるのか?など、普通の生活を送っていれば絶対に知ることのできないような日本の裏話がワンコインで聞けるのだから、凄い本である。
・ほとんどの情報は、公開情報を元にして得ることができるってのが面白いポイント。
・この本をきっかけにして手嶋・佐藤さんらは世界情勢についての解説員としてテレビにも出るようになってきた。
[[本] インテリジェンス―武器なき戦争]の続きを読む

[本] 行きずりの街

2012年07月29日


行きずりの街 (新潮文庫)(1994/01)
No:0190
Rank: ?
著:志水 辰夫
属:小説
読了1:?
読了2:未
Ex:
[[本] 行きずりの街]の続きを読む

[本] 壁

2012年07月29日


壁 (新潮文庫)(1969/05/20)
No:0189
Rank: ?
著:安部 公房
属:小説
読了1:?
読了2:未
Ex:
[[本] 壁]の続きを読む

[本] 笑うウィキペディア

2012年07月29日


笑うウィキペディア(2007/07/26)
No:0187
Rank: B
著:ポストメディア編集部
属:雑学
読了1:071124
読了2:未
Ex:

・ウィキペディアは誰でも編集可能だからこそ、ときどき変な記事ができる。
[[本] 笑うウィキペディア]の続きを読む

[本] バカには絶対解けないナゾナゾ

2012年07月29日


バカには絶対解けないナゾナゾ(2007/09/07)
No:0186
Rank: B
著:白崎 博史、石黒 謙吾 他
属:雑学・クイズ・世界史・日本史・生物学・化学・物理etc...
読了1:071124
読了2:未
Ex:
[[本] バカには絶対解けないナゾナゾ]の続きを読む

[本] ピクトさんの本

2012年07月29日


ピクトさんの本(2007/04/20)
No:0185
Rank: B
著:内海 慶一
属:雑学
読了1:071124
読了2:未
Ex:

・ピクトグラムさんの本。ピングドラムのモブもピクトグラムだったね。
・あるときは穴にハマり、またあるときは体を粉砕し…世界各地で自らの身を呈して私たちに警告をしてくれるピクトさんに拍手を!
[[本] ピクトさんの本]の続きを読む

[本] 思考の整理学

2012年07月29日

(1986/04/24)
No:0184
Rank: A
著:外山 滋比古
属:
読了1:080415
読了2:未
Ex:

浪人時代に買っておいた本。
読みやすい文体・文量でサックリ読める。
自分で思考する力をつける方法。そのひとつとして、筆者の思考法を述べたもの。
[[本] 思考の整理学]の続きを読む

[本] 剣豪 その流派と名刀

2012年07月29日


剣豪 その流派と名刀 (光文社新書)(2002/12/17)
No:0181
Rank: ?
著:
属:雑学
読了1:?
読了2:未
Ex:
[[本] 剣豪 その流派と名刀]の続きを読む

[本] 動物化するポストモダン

2012年07月28日


動物化するポストモダン オタクから見た日本社会 (講談社現代新書)(2001/11/20)
No:0180
Rank: A
著:東 浩紀
属:
読了1:090108
読了2:未
Ex:副題“オタクから見た日本社会”
[[本] 動物化するポストモダン]の続きを読む

[本] 4コマ哲学教室

2012年07月28日

4コマ哲学教室(2006/04)
No:0179
Rank: C
著:南部ヤスヒロ+相原コージ
属:哲学門前書
読了1:071123
読了2:未
Ex:

・一生役立つ哲学講座 を銘打ち、4コマ&考証で構成されている哲学門前書。哲学というより、倫理の副教材本としての意味合いも強い。
・けれどもしかし、だけれども。何かが足りない気がする・・・。小学生に読ませるなら有益かもしれない。4コマということで興味を持ってくれるだろう。
けれど、それなら『子どものための哲学手対話』を読んだほうがずっと良い。
分かりやすい・・・というよりは、分かった気になれるし、各テーマも読んだ後に考えさせられるものばかりだ。
また、かといって中学生~高校生が読むなら本書よりも『哲学の教科書』のほうが良い気がするし…どうも中途半端な印象が残る。
[[本] 4コマ哲学教室]の続きを読む

[本] 生物と無生物のあいだ

2012年07月28日


生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)(2007/05/18)
No:0177
Rank: A
著:福岡 伸一
属:生物学
読了1:?
読了2:未
Ex:
[[本] 生物と無生物のあいだ]の続きを読む

[本] 脳と創造性

2012年07月28日


脳と創造性 「この私」というクオリアへ(2005/03/19)
No:0176
Rank: ?
著:茂木 健一郎
属:エッセイ・脳科学
読了1:?
読了2:未
Ex:副題「この私」というクオリアへ

[[本] 脳と創造性]の続きを読む

[本] カラフル Colorful

2012年07月28日

カラフル(1998/07)
No:0173
Rank: A
著:森 絵都
社:理論社
属:児童向け小説
読了1:071013
読了2:未
Ex 第46回産経児童出版文化賞・実写映画化(00)・アニメ映画化(10)

少し読んだ瞬間に「ネタが被った!」と友人 I が言った本。
・・・ちょっと灰羽連盟(アニメ)とも被ってるね。
読み手として小学生を狙っているので、すごく軽く読める。

オチなんて読めて当たり前。そこまでの過程で勝負。
泣くのは無理だがぐっとくる。そしてちょっとほんわかする本。
[[本] カラフル Colorful ]の続きを読む