休息とは

2011年01月17日

作家 ダニエル・W・ジョセリンの言葉。

休息とは回復であり、何もしないことではない。

[休息とは]の続きを読む

“不死身のエース”

2011年01月16日

『ACECOMBAT ZERO THE BELKAN WAR』(PS2) Mission-18より。

降ってきたか
 Here comes the snow.

不死身のエースってのは 戦場に長く居た奴の過信だ
 Those who survive a long time on the battlefield start to think they are invincible.

お前のことだよ 相棒
 I bet you do too, buddy
.

[“不死身のエース”]の続きを読む

折れない心の育て方

2011年01月08日

『月と六ペンス』(サマセット・モーム)より。

毎日、自分の嫌いなことを二つずつ行うのは、魂のためによいことだ


[折れない心の育て方]の続きを読む

時間と空間 秩序と調和

2010年08月11日

東洋と西洋における宇宙の語源の違い


淮南子(えなんじ)は紀元前2世紀ごろ、淮南王劉安が学者を集めて編纂させた思想書・辞典。
この 巻十一 斉俗訓 に漢語としての 宇宙 の語源が書かれているとのこと。

往古来今謂之宙、四方上下謂之宇 ~ 淮南子 巻十一斉俗訓


往古来今、これを宙と謂い、四方上下これを宇と謂う

時間(=宙)と空間(=宇)を含めた意味とのこと。
なかなか良いネーミングセンスじゃないの。空の上の~とかそんなチャチなもんじゃなかった。

ちなみに、英語の Cosmos の語源はギリシャ語で秩序・調和・飾り・美しいを意味する Kosmos による。
これはそのまま花のコスモス属の由来ともなっている。なかなか大層な名前を冠したものだ。

地域によって見るものが違ったのかね。
そこに時間と空間を見たのか、それとも秩序と調和を見たのか。

ああ、もう夏が終わっちまう・・早すぎだろう。なんてこった。


<関連記事>

<関連リンク>
宇宙 ~ Wikipedia
まとめると、今我々が観測することができる最も古い時代に放たれた光は、約137億年前に約4200万光年離れた空間から放たれた光である。そしてその空間は現在465億光年先にあり、光は137億年かけて137億光年の道のりを旅してきたということである。
淮南子(えなんじ) ~ Wikipedia
プラネテス(1)~ Amazon ・・この作者あとがきより。
広い宇宙に地球人しか見当たらない50の理由―フェルミのパラドックス ~ Amazon ・・おもしろそう。ちょっと高いけど気になるなこれ。
宇宙すげええええええええってなる話教えてくれよ ~ HAREZOU

「六月二十四日は、全世界的に、UFOの日だ」

2010年06月24日

『イリヤの空、UFOの夏 その1(秋山瑞人)』 P50より

「応答せよ、応答せよ両特派員!!ああああなんてことだ、君たちはまだ心霊現象なんぞにかかずらわっておるのかね!!」
 部室の突き当たりにある窓を開け放ち、水前寺は六月二十四日放課後の青空に向かって対空ミサイルのように叫ぶのだった。
「おっくれてるぅー―――――――――ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!」
 からり、とっ。
 両手で静かに窓を閉め、水前寺はすりガラスごしの光を背に振り返った。打って変わった静かな口調で、
「さて両特派員。本日すなわち六月二十四日は何の日か知っているかね?」
 二人は再び顔を見合わせる。晶穂は「なによあれ、なんか変なもの食べたの?」という目つきで浅羽を見るが、浅羽は「知らないよそんなの」と首を振る。しかたなく、晶穂は「木曜日でしょ?」と自信なさげに答え、浅羽はヤマカンで「トイレットペーパーの日」と答えた。
「違う」
そして水前寺は、おごそかに正解を口にする。
「六月二十四日は、全世界的に、UFOの日だ」


6月24日ってんでここを引用。久しぶりに開いたなこの本。
ここなら「からり、とっ。」って七文字ね。
天気、水前寺の声、彼の性格、ガラスを閉める音、振り向いて手をつく音・一連の動作‥すべてが詰め込まれてるのよ。
「からりと両手で~」じゃなくて、「からり、とっ。」これ、重要。


ちなみに1947年6月24日はUFO(Unidentified Flying Object)が初めて目撃された日。
目撃者はアメリカの実業家ケネス・アーノルド。自家用機を操縦中に空飛ぶ円盤9機発見したとかしないとか。
そんなどーでもいいネタでしたとさ。

目前心後

2010年06月12日

世阿弥『花鏡』より。

舞に、目前心後と云事あり。
「目を前に見て、心を後に置け」となり。(中略)

見所より見る所の風姿は、我が離見也。
しかれば、我が眼の見る所は、我見也。離見の見にはあらず。

離見の見にて見る所は、即、見所同心の見なり。其時は、我姿を見得する也。
我姿を見得すれば、左右前後を見るなり。
しかれ共、目前左右までをば見れども、後姿をばいまだ知らぬか。後姿を覚えねば、姿の俗(しょく)なる所をわきまえず。


これはいろんな分野で言われていることだわな。
速読然り、洗脳防御法然り。なかには厨二病として使われることもしばしば。

教育勅語

2010年03月22日

先日、明治神宮に行ってきたので。

朕思ふに 我が皇祖皇宗 国を肇ること 宏遠に 徳を樹つること深厚なり
我が臣民 克く忠に克く考に 億兆心を一にして 世世その美を済せるは 此れ我が国体の精華にして 教育の淵源亦実に此に存す

汝臣民 父母に孝に兄弟に友に 夫婦相和し 朋友相信じ
恭倹己れを持し 博愛衆に及ぼし学を修め業を習ひ
以て智能を啓発し徳器を成就し 進で公益を広め世務を開き 常に国憲を重じ国法に遵ひ
一旦緩急あれば 義勇公に奉じ 以て天壌無窮の皇運を扶翼すべし

是の如きは 独り朕が忠良の臣民たるのみならず 又以て汝祖先の遺風を顕彰するに足らん

斯の道は 実に我が皇祖皇宗の遺訓にして 子孫臣民の共に遵守すべき所 之を古今に通じて誤らず
之を中外に施してもとらず 朕汝臣民と共に 拳拳服膺して 皆其徳を一にせんことを庶幾ふ

明治二十三年十月三十日


意訳(口語文)
 国民の皆さん、私たちの祖先は、国を建て創めた時から、道義道徳を大切にする、という大きな理想を掲げてきました。そして全国民が、国家と家庭のために心を合わせて力を尽くし、今日に至るまで美事な成果をあげてくることができたのは、わが日本のすぐれた国柄のおかげであり、またわが国の教育の基づくところも、ここにあるのだと思います。
[教育勅語]の続きを読む

五箇条の御誓文

2010年03月21日

先日、明治神宮に行ってきたので。

一、広く会議を興し、万機公論に決すべし。
一、上下心を一にして、盛に経綸を行ふべし。
一、官武一途庶民に至る迄、各其志を遂げ、人心をしてうまざらしめん事を要す。
一、旧来の陋習を破り、天地の公道に基づくべし。
一、智識を世界に求め、大いに皇基を振起すべし。

我国未曾有の変革を為んとし、朕身を以て衆に先じ、天地神明に誓い、
大いにこの国是を定め、万民保全の道を立てんとす。
衆亦此旨趣に基き協心努力せよ。

明治元年三月十四日


意訳(口語文)
一、広く人材を求めて会議を開き議論を行い、大切なことはすべて公正な意見によって決めましょう。
一、身分の上下を問わず、心を一つにして積極的に国を治め整えましょう。
一、文官や武官はいうまでもなく一般の国民も、それぞれ自分の職責を果たし、
   各自の志すところを達成できるように、人々に希望を失わせないことが肝要です。
一、これまでの悪い習慣をすてて、何事も普遍的な道理に基づいて行いましょう。
一、知識を世界に求めて天皇を中心とするうるわしい国柄や伝統を大切にして、大いに国を発展させましょう。

これにより、わが国は未だかつてない大変革を行おうとするにあたり、私はみずから天地の神々や祖先に誓い、
重大な決意のもとに国政に関するこの基本方針を定め、国民の生活を安定させる大道を確立しようとしているところです。
皆さんもこの趣旨に基づいて心を合わせて努力してください。

衝撃を受けた名言

2010年03月09日

衝  撃  を  受  け  た  名  言 ~ カゼタカ2ブログch より抜粋。
[衝撃を受けた名言]の続きを読む

幸福とは

2010年02月22日

 不幸論 第3章 幸福がもたらす害悪(P110~)より。

 幸福とは、思考の停止であり、視野の切り捨てであり、感受性の麻痺である。

 つまり、大いなる錯覚である。

 世の中には、この錯覚に陥っている人と、陥りたいと願う人と、陥ることができなくてもがいている人と、陥ることをあきらめている人がいる。

 ただそれだけである。

ならぬは人の なさぬなりけり

2010年02月12日

江戸時代の米沢藩藩主 上杉鷹山(ようざん)。藩の財政破綻を再建させた彼の言葉。

為せば成る 為さねば成らぬ 何事も
成らぬは人の 為さぬなりけり

出来ないんじゃない、しないだけだろう?と。

刑務所のリタ・ヘイワース  より

2010年02月07日

◇刑務所のリタ・ヘイワース Rita Hayworth and Shawshank Redemption より、アンディーの言葉。P75

「だが、きみは断る。なぜかというとだね、レッド、われわれのような人間は、第三の選択があることを知ってるからだ。純潔をつらぬきとおすのでもなく、ヘドロと汚物にどっぷりつかるのでもないもうひとつの道。それは全世界のおとなたちが選んでいる道だ。欲に目がくらんでどぶ泥の中へおっこちないよう、バランスをとって歩く。ふたつの悪のうちの小さいほうを選び、自分の善意を見失わないように進む。で、自分がどれだけそれをうまくやっているかは、たぶん、これで判断できるんじゃないかな。夜にどれだけぐっすり眠れるか・・・そしてどんな夢を見るか」

電通 「鬼十則」

2009年12月12日

4代目社長吉田秀雄により1951年につくられた、電通社員の行動規範より。
本 電通「鬼十則」 なんて本まである。言うは易き行うは難き?


一. 仕事は自ら「創る」可きで 与えられる可きではない

二. 仕事とは先手先手と「働き掛け」て行くことで 受け身でやるものではない

三. 「大きな仕事」と取り組め 小さな仕事は己れを小さくする

四. 「難しい仕事」を狙え そして之を成し遂げるところに進歩がある

五. 取り組んだら「放すな」殺されても放すな 目的完遂までは

六. 周囲を「引き摺り廻せ」 引き摺るのと引き摺られるのとでは 永い間に天地のひらきが出来る

七. 「計画」を持て 長期の計画を持って居れば 忍耐と工夫とそして正しい努力と希望が生れる

八. 「自信」を持て 自信がないから 君の仕事には迫力も粘りもそして厚味すらがない

九. 頭は常に「全廻転」 八方に気を配って一分の隙もあってはならぬ サービスとはそのようなものだ

十. 「摩擦を怖れるな」 摩擦は進歩の母 積極の肥料だ でないと君は卑屈未練になる


「いいか・・おれはチェルマシニャーに行く・・・」

2009年12月03日

本 カラマーゾフの兄弟 2 (亀山郁夫訳) より、第5編 プロとコントラ 7「賢い人とはちょっと話すだけでも面白い」 p341

街を出るイワンとスメルジャコフのやりとり。

「じゃあな、イワン、悪く思うな!」父親はもういちど叫んだ。
 家じゅうのものが見送りに出てきた。スメルジャコフ、マルファ、グリゴーリーである。イワンは一同にそれぞれ十ルーブルずつ与えた。彼が馬車にすっかり腰を落ちつけたとき、敷物を整えようとスメルジャコフが駆け寄ってきた。

「いいか・・おれはチェルマシニャーに行く・・・」なぜかふいにイワンは口走った。昨日と同じで、またもやひとりでに口をついて出たのだが、いまは何か神経質な笑いまで伴っていた。彼はその後しばらく、何度もこのことを思い返すことになった。

「つまり、賢い人とはちょっと話すだけでも面白いと世間で申しますのは、ほんとうなんですね」イワンをするどく見やってから、スメルジャコフはきっぱりとした口調で答えた。

世間に事を企つる人の言

2009年11月13日

本 学問のすすめ より 第十四編 ~心事の棚卸。p146

また世間に事を企つる人の言を聞くに、

生涯の内または十年の内にこれを成すと言う者は最も多く、
三年の内一年の内にと言う者はやや少なく、
一月の内或いは今日この事を企てて今正にこれを行うと言う者は殆ど稀にして、
十年前に企てたる事を今既に成したりというが如きは余輩未だその人を見ず。

かくの如く期限の長き未来を言うときには大造なる事を企つるようなれども、
その期限漸く近くして今月今日と迫るに従って、明らかにその企ての次第を述ぶること能わざるは、
必竟事を企つるに当たって時日の長短を勘定に入れざるより生ずる不都合なり。