スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[本] 新書365冊

2012年07月29日


新書365冊 (朝日新書)(2006/10)
No:0192
Rank: A
著:宮崎 哲弥
属:読書案内(新書)・雑学
読了1:0712??
読了2:未
Ex:

・毎月60~100冊は読むという宮崎哲弥さんが連載していた新書レビューコラムの書籍化。
・体系的な知識が得られた昔の新書と異なり、最近は「読後に何も残らないような」新書が増えてきたと感じている彼が泣く泣く選んだ最近の当たり本リスト。
・さまざまなジャンルの本にそれぞれBest・Better・Worstと評価がついており、ついで各書の要約と感想が書かれている。おかげで、読者は地雷本に手を出すことなく(著者の考える)良質な本を手に入れることができるというわけだ。
・すでに本書が発売してからかなりの年数が経っているため、どの本も中古でかなりの割安価格で購入できる。その点でも本書はかなりのコストパフォーマンスを発揮している良本なのではなかろうか。
[[本] 新書365冊]の続きを読む
スポンサーサイト

[本] 思考の整理学

2012年07月29日

(1986/04/24)
No:0184
Rank: A
著:外山 滋比古
属:
読了1:080415
読了2:未
Ex:

浪人時代に買っておいた本。
読みやすい文体・文量でサックリ読める。
自分で思考する力をつける方法。そのひとつとして、筆者の思考法を述べたもの。
[[本] 思考の整理学]の続きを読む

[本] 動物化するポストモダン

2012年07月28日


動物化するポストモダン オタクから見た日本社会 (講談社現代新書)(2001/11/20)
No:0180
Rank: A
著:東 浩紀
属:
読了1:090108
読了2:未
Ex:副題“オタクから見た日本社会”
[[本] 動物化するポストモダン]の続きを読む

[本] 生物と無生物のあいだ

2012年07月28日


生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)(2007/05/18)
No:0177
Rank: A
著:福岡 伸一
属:生物学
読了1:?
読了2:未
Ex:
[[本] 生物と無生物のあいだ]の続きを読む

[本] カラフル Colorful

2012年07月28日

カラフル(1998/07)
No:0173
Rank: A
著:森 絵都
社:理論社
属:児童向け小説
読了1:071013
読了2:未
Ex 第46回産経児童出版文化賞・実写映画化(00)・アニメ映画化(10)

少し読んだ瞬間に「ネタが被った!」と友人 I が言った本。
・・・ちょっと灰羽連盟(アニメ)とも被ってるね。
読み手として小学生を狙っているので、すごく軽く読める。

オチなんて読めて当たり前。そこまでの過程で勝負。
泣くのは無理だがぐっとくる。そしてちょっとほんわかする本。
[[本] カラフル Colorful ]の続きを読む

[本] 環境問題はなぜウソがまかり通るのか2

2012年07月16日


環境問題はなぜウソがまかり通るのか2 (Yosensha Paperbacks)(2007/09/12)
No:0168
Rank: A
著:武田 邦彦
社:
属:環境問題
読了1:070929
読了2:未
Ex:25万部のヒットとなった前作の続編。

・前作ではページの都合上カットされていた京都議定書の裏側、バイオエタノールなどの環境問題にもメスを入れる。
・前作のリサイクルや海面上昇については、最新のデータをもとに再考察を行う。
・京都議定書って黒いなー。日本をフルボッコにする罠カード「1990年を基準とする」が強すぎ。なぜ制定年度ではなく、1990年が基準なのかが重要。ロシアや東ヨーロッパの状況を考えれば納得がいくはずだ。
[[本] 環境問題はなぜウソがまかり通るのか2]の続きを読む

さおだけ屋はなぜ潰れないのか?  【★★★★  rank A 】 No.159

2012年07月16日

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)(2005/02/16)
No:0159
Rank: A
著:山田真哉
社:光文社新書(191)
属:新書・財務会計学(初級)
読了1:070712
読了2:未
Ex:副題“身近な疑問からはじめる会計学”
  ベストセラー新書(06)

・A. 副業だから。タイトル一本釣りである。
数字に弱くても一時間で読める上に面白い会計学の入門書ならぬ門前書。
各章ごとにまとめがついており、とてもよくまとまっている。
各章のまとめを読むだけでもいいくらい。ってことで、今のところ特にまとめる気はない。
[さおだけ屋はなぜ潰れないのか?  【★★★★  rank A 】 No.159]の続きを読む

[本] 老化とは何か

2012年07月16日

老化とは何か (岩波新書)(1993/09)
No:0158
Rank: A
著:今堀和友
社:岩波新書(297)
属:医療・生物学
読了1:070711
読了2:未
Ex:画像イメージ無し

・いや、まさか19(読書当時)の自分が老化の本を読むとはな・・。
・ただ骨が弱くなったり脳の機能が低下していくことが老化と思っていたが、実のところはよくできた生物としての必須機能なんだなぁと感心しつつ読んだ記憶がある。
・細胞分裂の限界設定、自殺する細胞etc...機動戦士ガンダムSEED(アニメ)や、GATACA(映画)の元ネタとしても楽しめる・・・かもしれない。
[[本] 老化とは何か]の続きを読む

[本] アヒルと鴨のコインロッカー

2012年07月16日

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)(2006/12/21)
No:0155
Rank: A
著:伊坂幸太郎
社:創元推理文庫
属:
読了1:000000
読了2:未
Ex:第25回吉川英治文学新人賞
  このミステリーがすごい2位
  ベスト・ミステリ4位
  07映画化

・やっぱ伊坂は良いね。題名・章ごとの構成・文の流れ・物語の展開 etc...どれをとっても高水準。何といってもオチのつけ方がお上手。安定して充実した時間を提供してくれる作家さんだ。
[[本] アヒルと鴨のコインロッカー]の続きを読む

[本] 生命観を問いなおす

2012年07月16日


生命観を問いなおす―エコロジーから脳死まで (ちくま新書)(1994/10)
No:0152
Rank: A
著:森岡 正博
社:ちくま新書
属:医療・生死・環境・倫理
読了1:07????
読了2:未
Ex:副題“エコロジーから脳死まで”

・環境問題に始まり、生命倫理、エコナショナリズム、リサイクル、脳死問題など幅広い問題に対し、“生命観を問いなおす”。
・今これを打ち込んでて気づいたけど、これって『環境倫理学のすすめ』の著者さんだったのか。どーりで。。。
・環境倫理学と生命倫理学がミックスされた“新しい、そして正しいと思われる、生命観”の確立を試みる一冊。
[[本] 生命観を問いなおす]の続きを読む

[本] 自由と繁栄の弧

2012年07月16日


自由と繁栄の弧(2007/06)
No:0150
Rank: A
著:麻生 太郎
社:
属:国際政治
読了1:07????
読了2:未
Ex:英題“The Arc of Freedom & Prosperity”

・麻生元総理の世界各国でのスピーチをまとめた本(だから原文英語ってのも多い)。
・ざっくりまとめると、
 日本の経済規模はとても巨大なものであり、また平和主義国である。今、芽の出始めている東南アジア、インド、東ヨーロッパに対する“実践的先駆者(ソートリーダー)”としての役割は日本をもって他にない。日本はずっと昔からここらへんの国々と交渉してきたし、人道支援もしてきた。最近では(どっかの国と違って)規律ある自衛隊、各企業の先端技術の高さが再評価され、また文化面では日本の精神を反映したアニメや漫画が(勝手に)世界的に拡がりつつある。世界での日本の信頼の高さは揺るぎない。今こそ皆で協力し、自由と繁栄の弧を描こうではないか!
・・・ってとこか。ロシア・中国はすでに繁栄してるから、という理由でツッコミをうまいことかわしている。ロシアに・中国にとってはこの繁栄の弧が完成したら周囲を囲まれることになるため牽制にもなっているのがミソ。
・もう先に高度成長期を経験し、色々な教訓を得ている日本だからこそできる役割、周囲の安定をもたらすビルトインスタビライザーを目指すという夢は、・・・自民麻生政権が敗れ、民主鳩山政権が勝った今では露と消えてしまった。この世界を股にかけた壮大な構想を知った上で、当時の大人は鳩山さんに投票していたのだろうか。謎である。
[[本] 自由と繁栄の弧]の続きを読む

[本] ラストホープ

2012年07月16日


ラストホープ 福島孝徳 「神の手」と呼ばれる世界TOPの脳外科医(2004/03/20)
No:0148
Rank: A
著:福島 孝徳
社:
属:医療・生死
読了1:07????
読了2:未
Ex:副題“「神の手」と呼ばれる世界TOPの脳外科医”

・“一発全治”と“すべてを患者さんのために”を信念に世界を股にかける日本人脳外科医の自伝。
・年間900もの術式をこなすその技術は世界最高峰。
 脳に関することならあらゆる種類の術式をこなし、術式器具の開発も行うというのだから驚きだ。
・その心身のタフさ、手先の器用さは尋常なものではない。
・人は彼の激烈にして流麗、超ハイスピードな手術を見てブラックジャックと呼ぶようになるが、彼は否定する。
 「私は神の手は持っていません」、「治せない病気もあるし、私は神様に祈るしかないのです」と。
お金のために働くな。人のため、世のために働きなさい。
挫折はあるだろうけど、顔で笑って心で泣いて。
仕事は楽しく、患者さんには喜びと幸せを。
持てるすべての力を、患者さんのために活かしなさい。
[[本] ラストホープ]の続きを読む

[本] 世界を見る目が変わる50の事実

2012年07月16日


世界を見る目が変わる50の事実(2005/04/22)
No:0137
Rank: A
著:ジェシカ・ウィリアムズ、酒井 泰介 他
社:
属:国際問題
読了1:07????
読了2:未
Ex:

・日本に生まれただけで人生ベリーイージー
[[本] 世界を見る目が変わる50の事実]の続きを読む

[本] 脳を鍛える

2012年07月16日


脳を鍛える―東大講義「人間の現在」 (新潮文庫)(2004/08)
No:0132
Rank: A
著:立花 隆
社:新潮文庫
属:教養・講義録
読了1:070421
読了2:未
Ex:副題は“東大講義「人間の現在」”

・全12回分の東大講義録の加筆修正版。
[[本] 脳を鍛える]の続きを読む

[本] 空中ブランコ

2012年07月16日


空中ブランコ (文春文庫)(2008/01/10)
No:0102
Rank: A
著:奥田 英朗
社:文春文庫
属:一般小説(短編連作型)
読了1:?
読了2:未
Ex:アニメ原作(ノイタミナ)

・変わった精神科医が、変わった症状をもつ患者をカウンセリングしていく物語。
・後に伊良部シリーズとなる。
・連作小説型。それぞれ話は異なり、短編として完結しているものの、常に伊良部が出てくる形式。

[[本] 空中ブランコ]の続きを読む



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。