スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[本] 人は見た目が9割

2012年07月16日


人は見た目が9割 (新潮新書)(2005/10)
No:0128
Rank: D
著:竹内 一郎
社:新潮新書
属:新書
読了1:?
読了2:未
Ex:超ベストセラーだが、内容が聳え立つクソ。

・こんなカルピスを100倍に薄めたようなクソな本が、一般にはめちゃくちゃ売れて、著者が印税生活に入っていることを考えると、なんだかなー、と思う。
・初歩中の初歩ともいえる演劇&漫画についての話だけであり、読者が得るものはほとんどないだろう。
 というのも、この本を手に取るのは、すでにこのタイトルが正しいことは分かっているひとだろうからだ。
・話の内容よりも見た目、ってのは至極当たり前の話。
 ぼろっぼろの布切れを纏ったおじさんと、大統領が同じ話をしたとき、どっちのほうが説得力がありますか?ってこと。
・『本は、タイトルが9割』、タイトルだけで売れちゃう本もあるということである。残念。
・あー、本当にイラつく。なんでこんな本が売れてしまうんだろうか。“※ただしイケメンに限る”の信憑性を高めるだけだというに。
[[本] 人は見た目が9割]の続きを読む
スポンサーサイト

[本] 憲法九条を世界遺産に

2012年04月28日

憲法九条を世界遺産に (集英社新書)(2006/08/12)
No:0097
Rank: D
著:太田光・中沢新一
社:集英社新書
属:新書(対談)
読了1:?
読了2:未
Ex:06年ベストセラー

・芸人の太田光と思想家の中沢新一。このふたりの宮沢賢治の話題からスタートする憲法9条解釈を対談形式で収録。
・平和憲法、桜、日本文化、〝不戦〟と〝非戦〟のちがい。日本の9条世界に誇るべきものであると読者に訴えかける。アメリカとの合作だからこその良さが、この憲法九条にはあるのだ、と。
・ふわっふわとしているのは、あくまで今のところ日本が平和だからだろう。仮に某国が攻めてきたときに、何もせずに死ぬ道を選ぶことは到底できまいて。奈須きのこ風に言うなれば、「理想に溺れて溺死しろ」である。
・売れたからといって、この本の考え方が広く受け入れられているとは考えたくないものだ。
・もうちょっと現実的・実利的な論客を配置するべきであった。理想に死ぬためだけにあるモノなら、必要ない。武力の後ろ盾のない外交は脆弱であるが、だからこそ他国にない独特な役回り・ポジション取りができる云々とかの話も聞きたかったんだけどなー。頭お花畑だったなー。他人を理想の道連れで○してはならない。
[[本] 憲法九条を世界遺産に]の続きを読む

[本] リアル鬼ごっこ

2012年03月12日

リアル鬼ごっこ (幻冬舎文庫)(2004/04)
No:0052
Rank: D-
著:山田悠介
社:幻冬舎
属:小説
読了1:?
読了2:未
Ex:映画化(08・10・12)・漫画化(04)・コピペ元ネタ


・自費出版ながら100万部突破して“しまった”迷作。
Amazonにおける酷評の嵐は一見の価値あり。
・読後と同時にゴミ箱に叩きつけた本は、後にも先にもこの本だけである。今にして思えば、もったいないことをした。
捨てたら2chでテンプレ化までされた摩訶不思議な迷文章を確認できないではないか。
この本の魅力は摩訶不思議な文章にあるからだ。
版を重ねるごとに大幅な校正が為され、魅力度が減じているため、初版ver.こそが真の姿であろう。
・こんな完成度の本を世に出そうと思った山田の根性・勇気・行動力、そして小説業界に激震を走らせ、
後に続く自費出版・携帯小説ブームの先駆けとなったこの作品は、ある意味、歴史に残る一冊なのではないだろうか?
[[本] リアル鬼ごっこ]の続きを読む

[本] 電車男

2012年03月12日


電車男 (新潮文庫)(2006/12)
No:0042
Rank: D+
著:中野 独人
社:新潮文庫
属:2chスレまとめ
読了1:?
読了2:未
Ex:2ch初ドラマ・映画化


・有名な喪男(モテない男)スレのまとめ。今となっては読んだこと自体が黒歴史である。
・発売当時は某殺人事件などから“2ちゃんねる=犯罪者が集まる違法掲示板”というレッテルが貼られており、だからこそこの話が取り上げられ話題となった。
・このスレがドラマ化されて以降、2chまとめサイトが台頭し始め、一般の2ちゃんねるに対するイメージが和らぐ転換点となった。そのようなネットにおける重要な流れを知る際には必要な本となるのかもしれない。
・ただ、◇「電車男」ストーリーが実話であると勘違いしている人々のために ~ 電車男@FAQ この事実を知った上で読むことが必要であろう。
・自分は、自作自演なのではないかと考えている。そして、そうだったならこれを現実に合った美談として売り出し、多大な金を絞り出していたことになる。これは詐欺に近い。そのような点を踏まえ、「知らないほうが良い話」としてD+とした。
[[本] 電車男]の続きを読む

[本] 超人計画

2012年03月12日


超人計画 (角川文庫)(2006/06)
No:0020
Rank: D
著:滝本 竜彦
社:角川文庫
属:エッセイ
読了1:?
読了2:未
Ex:

問題作。
んー、ハゲのひとには役立つ話がないこともない。
素直に『NHKにようこそ!』を読むことを薦める。
[[本] 超人計画]の続きを読む

[本] ムシウタ 

2012年03月12日


ムシウタ〈01〉夢みる蛍 (角川スニーカー文庫)(2003/04)
(年月日)
No:0018
Rank: D+
著:岩井 恭平
社:
属:ライトノベル(能力バトル)
読了1:?
読了2:未
Ex:サブタイは「夢みる蛍」 アニメ化(07夏期) 友人I推薦

・夢(願望)が自らの器を超えるものになったときに現れる超常現象である「虫」。その「虫」は夢などを食らうかわりに宿主(虫憑きと呼ばれる)に強力な能力を与えるという。「虫」を保護するグループもあれば宿主もろとも殲滅するグループもあり・・・そんな「虫」を巡るバトル物語。
・友人I「いや別にそこまでいい本ではなかった。ただオチがちょこっとあったからススメタだけである。文章普通。戦闘普通。メッセージ性普通。どこをとっても普通。文章が読みたくて仕方のない活字中毒さんにススメル本である」
[[本] ムシウタ ]の続きを読む

鈍感力 【★     rank D 】No.395

2010年02月11日

鈍感力(2007/02)
著 渡辺 淳一
社 集英社
Ex ベストセラー(苦笑)

小泉政権時代にベストセラーとなった、元医者による鈍感のススメ。
小泉元首相が読んでいた、というだけで100万部を突破したそうです。
そんな元首相の影響力の凄さだけが分かる一冊です。
鈍感力についてはどうなのかって?
わかんねーよ、そんなもん。


ずっと清潔な場所にいた人は、ふだんから汚いところにいる人よりも、細菌に弱くなる。
多少、汚れに対して鈍感であったほうが、生き残りやすいのではないか、それは精神面でも該当するのではないか?


・・そんなことをいってる本です。ざっくりですが、他もそんなお話。
「鈍感だったから得をした」、「鈍感だったからストレスに耐えることができた」とか。

それなら、毎日凄まじい環境で生活をしているあの方々が人類の耐性としては最強なんじゃね?
・・彼らは選択の余地なく厳しい生活を強いられているのだが・・。
気になった記事 【現実注意】中国の汚染ヤバイ


これを読んだ人が「買って損した」と思うことにも鈍感であったほうが良いとでも?
いや、著者は左団扇、印税だけで一億一千万は入っているのだろうから何を言われても鈍感でいられるのだろうが・・

そもそもこの本を手に取る人は「どうやったら鈍感力を手にできるのか」知ろうとしているはずだ。
にもかかわらず、経験談や友人の話などに終始していたような印象が残る。

鈍感になれ!さすれば・・ ってそれ。不倫されても鈍感でいろ、と?そいつぁ難しい注文だぜだんな。

そもそも、鈍感だから良いってことはないだろう。自分に対してだけに鈍感であるならまだマシだが・・

人に気遣いができる人は素直に尊敬するが、鈍感だったら?
それって本人が「ガハハハ」と高笑いするだけで、周りにはなんの得にもなりゃしない。
鈍感力とジコチューは紙一重。

たとえ大らかで、懐の深いような人であったとしても、それはただの 空気の読めない人 ではなかろうか。
(自分がそれをいうだけの権利はないかもしれないが) 

こまけぇこたぁいいんだよ!のAAそのまんま。
自己中心なだけなのではないか?「セカチュー」がジコチューだったのと同じ匂いがしたのであった。


これがべすとせらーってすごいですね!

読書は1冊のノートにまとめなさい 【★☆    rank D+】 No.346

2009年02月05日

読書は1冊のノートにまとめなさい 100円ノートで確実に頭に落とすインストール・リーディング(2008/12/05)
著 奥野宣之
社 Nanaブックス
Ex 情報は1冊のノートにまとめなさいの続刊

副題は〝100円で確実に頭に落とすインストール・リーディング〟

本は大きめだけど、文字も余白も大きめで、
なんと30分あれば読めてしまう!!
そんな立ち読み&読書ノート作成奨励本。

買うには高価だし、内容も単純。・・・ま、この単純さが売りなのかもしれないけどさ。

何より、この本に書いてあることはほぼ全て実践済みだからな。
高校3年から続けている読書ノートもそのひとつ。情報は1冊の~でも書いたけど、検索しやすくしたし、ブログにも反映してきてる。

基本的に本を買う時は欲しい本をリストアップしたノート片手に狙い買いしてるし・・・。

巻末にある文房具類はちょっと気になるかも。携帯ブックスタンド・貼ってはがせるスティックのり・強粘着付箋は今度探してみるか。

≪まとめ≫
「読みっぱなし」ではあまりに効率悪すぎ。一冊ずつ、少しでもインストールしたほうが、良いと思います。
もちろん、読書ノートの情報は一元化しておくこと。

第1章                  自ら買う本を探し、狙って買う。そして記録しておけば、いつか必ず見返りがある。
「ノート」で読書をマネジメント    読書で得た知識を活用するときがくる。

第2章                  リストを作った上で狙って買え(タイトル/著者/出版社)
「探書リスト」で            買いに行く前にネットで下調べ。アマゾン(在庫なし)とかは絶版の可能性大。
主体的・効率的に本を買う      ブックガイド・本の中に出てきた本などを頼りに、元ネタとなるハブ本を探せ

第3章                  一言でもいいから読んだという事実を残せ。続けることこそが肝心。
「読書ノート」で本と対話する     ノートに書くのが前提ならより主体的な読書ができるはず。
                      ふせん2枚(Aはしおり、Bマークしおり)を使った読書法。
                      本はノートに落して手放すくらいの気持ちでいましょう。

第4章                  読書→ノートする→読書の体験化。インプットとアウトプットの相互作用を狙う。
ノートを活用して「アウトプット」    あとで見直せるように索引は作っておくこと。ブログに書評を書いてみるのも良し。

第5章                  難しい古典を読むコツは、「面白くなるまで積んでおく」こと。いわゆる積読である。
生活を変化させる「応用読書」    家中に本を置いとけば、気分で読める。カバーはファイルするのもあり。

第6章                  読書に便利なグッズの紹介。
インストール・グッズ          マーカー代わりのとなる色鉛筆や全面粘着ノリで出来たふせん、
                      貼ってはがせるスティックのりや携帯ブックスタンド、そして平積み型本棚 etc...

<関連記事>
情報は1冊のノートにまとめなさい 【★★★   rank B 】
読書は1冊のノートにまとめなさい 【★☆    rank D+】
知的生産の技術 【★★★   rank B 】
思考の整理学 【★★★★  rank A 】 No.184

パンク侍、斬られて候 【☆     rank D-】 No.126

2008年12月16日

パンク侍、斬られて候 (角川文庫)
(2006/10)
著 町田 康
社 角川文庫
Ex Amazonオススメ

核☆地☆雷♪
Amazonのレビューでは凄く評判いいのにねー。なんなんだろうねー。

敢えて文をぶっこわしてるんだろうけどさ。・・・どうよ?

確かに、侍や大老に現代語(横文字)を使わせて現代の若者や社会について喋らせるのは興味深い。
その点でいえば、全編シュールであるといえる。

ま、社会風刺だ。

が、である。それが面白いのかは、また別の話。

面白くないのだ。全く。これは自分の教養のなさとか、そういう次元ではないと思う。

気がつきゃ主要メンバーは全滅、誰ひとりとして救われない話。

それも、なんだか「風呂敷ひろげすぎて畳めなくなったから、とりあえず殺しておこうか」という
(狙っているのだとしても、)終盤の展開には登場人物たちに同情すらおぼえ・・・・ないなwここまでぶっ飛んでると。

<あらすじ&ネタバレ>
一人の囚人であった 掛十之進 が士官するため、一人の じいちゃま を斬り殺すことから話は始まる。
掛 は老人が〝腹ふり党〟であり、災厄をもたらすから斬ったと言うが・・・?

掛十之進 は士官に成功するが、そのために自らが蒔いた災いの種がどんどん芽を出してしまう。

終盤。戦場で誰も彼もが〝何故、こんなことになってしまったのだろう・・・?〟と疑問を抱きつつもバッサバッサと死んでいく。
気がつけば戦場は人や獣の四肢、内臓・・腹綿がそこらじゅうに散らばり、血の海と化していた。

そんなこんなで(笑)最後は世界が崩壊してしまう。主人公も惚れた女に殺されて、おしまい。

<引用>
「尊公ってバカ?それともアホ?」

「ばははははは!!」
オサムは爆笑しながら猿や人間を爆殺していた。

空は美しく、嘘くさかった。
美しく、嘘そのものだった。

Good Luck 【★     rank D 】 No.45

2008年09月25日

Good Luck(2004/06/22)
著 アレックス・ロビラフェルナンド・トリアス・デ・ペス
社 不明

中途半端ここに極まる。
ああ、やっぱり、外国の精神論を物語にすると、こうなっちゃうよね、という感じ。

あくまで精神論が分かればよいので、物語性は皆無。
むしろ、この本にそれを求める奴の方が間違ってるのか?
ただ、その精神論さえ、中身がスッカスカのペランペランである。

正直で、謙虚に努力すればすべてのことがうまくいきますよ~♪ 的な?

・・・・・なんか、血液型診断テストや水晶占いに似たものを感じる。
それっぽいことを取りあえず並べておけば、読み手の考え次第でどうとでも取れるというか。

それは自己発見に繋がるのかもしれないけれど、とても無責任な押し付けではないだろうか?

そんな薄ら寒さを感じた。

涼宮ハルヒの憤慨 【★     rank D 】 No.12

2008年09月05日

涼宮ハルヒの憤慨 (角川スニーカー文庫)(2006/04/28)
著 谷川 流
社 角川スニーカー文庫
Ex 今んとこシリーズ最悪

涼宮シリーズ第8弾。
中編集その2。
『陰謀』で力を使い果たした著者による時間稼ぎ?
『編集長~』には伏線なりそうだけど、なんだかねぇ・・・。


[涼宮ハルヒの憤慨 【★     rank D 】 No.12]の続きを読む

涼宮ハルヒの溜息 【★     rank D 】 No.6

2008年08月29日

著 谷川 流
社 角川スニーカー文庫
Ex アニメ版第一話原作

涼宮シリーズ第2弾。
目印は、レジに持っていきにくい表紙のやつ。
アニメ第一話はこれが原作。こっから見始めた人にはわけわかめだったろうにw
シャミセンのキャラは結構好きですよ?

ただ、この巻は読む必要なし。前巻で力を使いきったから次のネタを練るまでの繋ぎ的な一冊。

≪関連記事≫
涼宮ハルヒの憂鬱 【★★★★  rank A 】
涼宮ハルヒの退屈 【★★★      rank B 】
涼宮ハルヒの消失 【★★★★☆    rank A+ 】
涼宮ハルヒの暴走 【★★★   rank B 】
涼宮ハルヒの動揺 【★★☆   rank C+ 】
涼宮ハルヒの陰謀 【★★★★★   rank S 】
涼宮ハルヒの憤慨 【★     rank D 】
涼宮ハルヒの分裂 【★★★   rank B 】
[涼宮ハルヒの溜息 【★     rank D 】 No.6]の続きを読む



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。