個人的映画総合ランクメモ

2017年04月09日

どっかにメモしておかないと忘れそうなので一覧にしておく。異論は認める。
09年までに観てきた映画は基本的にノーカウントとする。有名どころが抜けてる理由はそれ。
地上波で再放送すれば追加するかも、ぐらいの気持ち。
知っている作品があったなら、それを基準にして次に観る映画を探すのもいいかもしれない。

評価基準は
・おもしろいか
 (つまり、個人的な・・それもあまり映画を観ない人の意見。一般とはズレてるかも。演技より脚本・話の整合性を重視?)
・時間含め費用対効果
 (1時間で済むような話を4時間でされても、ってこと。時間が気にならないほど面白ければ帳消しに。費用基準はツタヤの350円/本)

※1 同ランク内順不同。
※2 各タイトルのリンク先は当ブログ内記事。
※3 時が経つことで評価が変わるのが映画ってもの。ランク変動は随時行う。あくまで目安。
   多くの映画は、観てから時間が経つとランクが下がりがち。古い映画ほどランク維持の傾向。
   評価は甘め。ただし映像作品は本と異なりランク間の壁が厚いように思われる。
   よほどのことが無い限りはD+が最低ライン。迷ったらC+~Bに投げ込んでおいて様子を見る。
[個人的映画総合ランクメモ]の続きを読む