夏の花火と私の死体 【★★    rank C 】 No.29

2008年11月01日

夏と花火と私の死体 (集英社文庫)(2000/05)
著 乙一
社 集英社文庫
Ex 第6回ジャンプ小説・ノンフィクション大賞受賞作

乙一の出世作・・・にしてはすばらしく微妙です。

書いた当時16歳ってのはすごいことかもしれない。
が、内容はというと、世間が過大評価しすぎである感が否めない。
この本が宣伝されるたびに、乙一は〝黒歴史〟にもだえていることだろうw

まずは、友人 I (当時高校2年)のコメントより。
この話は非常に独特の一人称で構成されている。ずばり、死人による一人称である。タイトルからも分かるように、「わたし」は死体だ。
友達に殺された少女による一人称は独特を通り越して奇異である。


良いコメントだ。
さて。この本はせっかくだから夏に読もうと思っていた。
が、その夏は3度も過ぎ去り、また冬将軍が装備品チェックを始めた。
・・・このままだとずっと読めずじまいだ!そこで思い切って今日(08/11.1)読んでみた。
本書の持つ空気のお陰でいくらか寒さも和らいだ気がしないでもない。

つまり、このレビューは取って出しなわけだ。

さて。どうも世間からは過大評価されているであろう今作。
普段あまり本を読まない人にはとっつきやすい読みやすい文体に、中学校の教科書を思い出させる大きな文字。無駄がないというよりは簡素な構成と、それこそ昨日読み終わった『死に至る病』(キュルケゴール)とは全く逆の本だったね。

展開から結末、オチのタイミングまで読めてしまう乙一作品というものも珍しい。
16歳、つまり高校二年生とはいえ、友人の I のが(短編だけど)面白い小説書いてたよ~な・・・。

そして、どーしても物語の合い間に作者の介入を感じ取ってしまう。
偶然にも頼りすぎで、死人である「わたし」、五月に気がつかない様はもはや滑稽ですらある。

ちょっと引用すると、

もし男の人の目線がもう少し低ければ、私の爪先が見えていただろう。残念ながら、わたしに気づいた様子はない。しかし次の蓋さえ持ちあげられれば、どんなに鈍感な人間でもわたしに気がつくのだ。

こんな文章&展開が何度も繰り返されるのである。う~む。。。ドタバタしすぎだ。

これからは書店で平積みされてるのを見かけたら、そっとGOTHに入れ替えてあげようかな?

死人の視点というよりは神の視点で話が進行する。
これが完全に死人の視点のみで物語が展開する小説だったら、もっと面白くなったのではないだろうか?
それはとても難しいことだけれど、今の乙一ではできないこともないと思うのだが・・・。

<あらすじ>
ちょっとしたことで友人の少女(五月)を殺してしまったのは9歳の女の子である弥生だった。
弥生は兄(健くん)と一緒にその死体を隠すことにする。

花火の上がる夏の夜、その闇に紛れ幼い殺人者たちは死体を運ぶ。

<関連記事>
失われる物語 【★★★★  rank A】
天帝妖狐 【★★★   rank B 】
GOTH 【★★★★★ rank S 】
暗いところで待ち合わせ 【★★★★★ rank S 】
◇ZOO 1 【★★★★  rank A 】 No.39
◇ZOO 2 【★★☆   rank B+】 No.40

これまでの日程、これからの日程

2008年11月03日

10/31 合同練習

11/01 射場設備整理
   02 宇都宮 健治  弁護士の講演会
   03 高橋 源一郎  小説家の講演会(サイン本ゲット済)
   06 アーチェリー新人戦
   07 伊藤 真     弁護士の講演会
   09 練習試合 vs明治学院大学

11/16 簿記2級検定試験

あ~、ヤバいな。そういうことで試験までは更新停止・・・かな?
どーせこのブログを知ってる人は片手で数えれるほどだしね。問題なし。

・・・にしても今日の高橋さんの講演会は面白かったな~。ケータイ小説をそんな角度から考えてみるか。
彼の三島由紀夫賞受賞作の『優雅で感傷的な日本野球』にちゃっかりサインしてもらったし、満足満足。

優雅で感傷的な日本野球 【★★    rank C 】 No.317

2008年11月04日

優雅で感傷的な日本野球 〔新装新版〕 (河出文庫)(2006/06/03)
著 高橋 源一郎
社 河出文庫
Ex 第一回 三島由紀夫賞 サイン本入手

講演会があるってんで購入。ちゃっかりサインしてもらった。
ただ、これが三島由紀夫賞なのか・・・。

内容は面白いわけじゃないけど、かといって退屈もしない。
よく分からないが、全く分からないほどじゃない。
自分でもなに書いてるか分からなくなってきたが、そういう本だ。

三島由紀夫賞に選ばれた理由のひとつは、作者の今後に期待して、とのことだそうで。
うん。この文体は期待しても悪くない。
『ハル、ハル、ハル』(古井川日出男)のも結構突っ走ってたが、この本はそのさらに上、フリーダムすぎるw
ここまで突き抜けた文章でも本になるんだな~と。すんごい前衛的。

はっきり言って、この本は次の引用で充分だ。

〝実は、いまの話の意味がもうひとつ分からなかったのだ〟
〝なんじゃ、そんなことですかいの。それなら気になどせんでくだされ。いまの話にはとりたてて意味などありませんのですじゃ


野球について書いてるはずなんだけど野球じゃない、というか、そもそも野球ってなんだったっけ、というか。

野球のポジションで例えるなら、「普通の意味での野球」はピッチャーなんだけど、この本はファーストやセカンドとか他の野手の話ばっかりで、やっとピッチャーの話かな?と思ったら相手バッターが選手台に立ってたりするんだよ。

変わった本だ。

〝絶好調のスランプ〟をまさかのライプニッツさんを交えて描く『ライプニッツに倣いて』と、
〝テキサス・ガンマンズ対アングリー・ハングリー・インディアンズの終章〟である『鼻紙からの生還』は印象的。

あと、「」を使わずに5人が会話する『日本野球創成奇譚』と、
全く関係のない人々が同じ空間・時間を共有している『愛のスタジアム』の手法は見るべきところがある。

<あらすじ?>
Ⅰ. 偽ルナールの野球博物誌  すべては受け手によって姿を変える、ってか? Ⅴの布石でもある。

Ⅱ. ライプニッツに倣いて      球は見えるが、見惚れてバットが振れない。バッター&ピッチャーの絶好調なスランプを描く。

Ⅲ. センチメンタル・ベースボール・ジャーニー
   やきゅう(死語)…大昔に亡んでしまったのでよくわかっていない。
              長い物で丸い物を打つゲームとも言われている。地面に角ばったものを置いて魔除けとした。

Ⅳ. 日本野球創世奇譚      「監督」が語る野球誕生の神話。「日本野球」が「複雑なものを単純にする」って動詞になるとはw

Ⅴ. 鼻紙からの生還        98回の裏2アウト、フルカウント。9対8でガンマンズのリード。あと一球だ。

Ⅵ. 愛のスタジアム         バラバラの関係を繋ぐのは野球スタジアム。

Ⅶ. 日本野球の行方        1985、阪神メンバーは「本当の野球」を捜しに別れていくのだった。

アーチェリー反省会 第49回~新人戦直前調整

2008年11月06日

11/5 Lv 2 から Lv2.5 へ

レストを張り替え、上ノッポイも改造したので、最終調整として練習。

効果が劇的すぎて愕然とした。
矢が当たること当たること。さっさとやっときゃよかった。サイトも随分変更することになった。


50M 230(自己新)    サイトは7.5でOK。疲れてくる5~6end は7.8でもいいかも。
30M 点取りなし。サイト4.4が丁度良い?

◇ストハイは21+1
◇意識しないとリリースがはねる。
◇ライン&腕だけを上げることに注意すること。

アーチェリー反省会 第50回~新人戦~

2008年11月07日

今日をもって、弓兵Lv.2.5から弓兵Lv.4.5にレベルアップです。

  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  
 
駒沢で2日にわたって行われた新人戦。
高校からやっている経験者の部と、大学から始めた初心者の部にわかれての公式戦です。

もちろん自分は初心者の部に参加。この部門では男子191人が優勝を狙います。

<午前>
50M 43 47 50 36 43 44 263(自己新)

正直、自分でもびっくりするほど調子が良かった。
昨日の調整を除けば、いままで180だったので、+83点の大幅な自己新記録の更新。

そして気がつけば全体で9位というw

アーマードコア好きとしては、⑨に思い入れがあるので、嬉しい限りだ。(最近なら rank 9 White Grint 的な)

部内でも上中下なら下な自分がこんなことで良いの?良いんだよな?
今度のミーティングで初めて自己新発表できそうだ。

<午後>
30M 41 52 40 32 38 47 250  H.T.513(自己新)

あっるえ~?

なんで30Mのが50Mより点が低いんだ?

距離が近いほうが当たるはずの競技なのにね。不思議だ。

疲れたのもあるけど、体のラインとリリースがダメになってたんだな。
そのことに気がついた最後の9射は 9 8 8 10 8 8 8 7 7 だったから、まだ良しとするか。
ってか、そこに気をつけるだけでここまで点数が変わるんだから、この競技は奥深い。

結局、30Mの点が出なかったこともあって、全体60位(/191)という結果でしたとさ。
いや、十分がんばったと思うよ、本当に。

でも、もったいないことをした。せっかくだから30Mも良い点出してもっと高いH.T.出しておきたかった。

今度はプランジャーのチップを修理してみるか・・・。

◇ストハイは21
◇50Mのサイトは7.5
◇30Mのサイトは4.0(昨日より上がってる。右上方向が多かったな・・・)
◇ラインとリリースが崩れてただけ。クリッカーチェックもしっかり。
◇矢のシャフトを握ってないか?右人差し指内側にマメ。第1~2関節のマメは潰れたが、正しいマメなので問題なし。

↓詳細結果
ttp://ksaf.tsukaeru.info/uploads/mydownloads/2008newcomer2nd2.xls

アーチェリー反省会 第51回

2008年11月09日

11/8
Lv 4.5 から Lv. 5へ。

50M 176
30M 44 49 50 50 49 46 280(自己新)

50Mがひっでえw
言い訳をするならば、クリッカーのワッシャーとサイトが被って狙いがつけられないのよ。
嘘と思うなら俺の弓を貸そう。
早く新しいクリッカーのネジを手に入れないとな・・・。

30Mはやっぱ平均50くらいださないといかんのか・・・厳しいな。

◇ストハイ21+1~2
◇30M サイト4.4~4.3

アーチェリー反省会 第52回 ~月と洋弓~

2008年11月14日

弓兵Lv.5 から弓兵Lv. 5.5 にレベルアップ。

  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  

かなり日をあけちゃったので久しぶりに練習へ。明後日は検定試験だし。

もう五時を過ぎると真っ暗になるなw
それを見越して懐中電灯&クリッカーライトを装備して練習へ。
この時間帯は練習する人がいなくなるから穴場かもね。片付けが面倒だけど。

30M  48 48 46 41 47 45   275
30M  47 56 50 47 52 45   297(自己新)

・・・・なんだこれは。自分でもびっくりするくらい当たった。新人戦の50Mのときみたいな感覚。
エンド新の56点もマーク。クリッカーライトの力もあるだろうが、この前受けた林 成之さんの特別授業の効果が大きかった。
彼は今年の北京五輪競泳チームの医学コーチであり、あのメダルラッシュをもたらした一人である。
(疑似科学じゃね?と思いもしたが)

またの機会にまとめるが、アーチェリーに関することでまとめると、
①運動のライフラインは肩甲骨の動かし方とそのラインの安定性にある
②素晴らしい選手は目線が常に水平で、ぶれない
③試合中は否定語を頭に浮かべずに戦え
④練習は素直に死ぬ気で一生懸命やれ

だそうで。④はできてなかったけど。
①は夏合宿で監督が言ってたこととリンクするし、②はつまり的を真っ直ぐ見て、頭を動かすなってこと。

にしても実戦投入したクリッカーライトが素晴らしすぎるwこれなら昼夜問わず練習ができそうだ。
(それだけクリッカーチェックが大切)

にしてもなんでだろう・・・。前日のフリスビーで筋肉痛になってたから、無理せず引こうとしたのも理由のひとつなんだろうか?

◇ストハイ 20
◇サイト   4.0
◇クリッカーライト装備
◇前日のフリスビーで筋肉痛&5日ぶりの練習
◇目線・クリッカーチェック・弦サイト・リリースを意識
◇人がいないからゆっくり射てた&スコープを使わせてもらった
◇早く弓具の修理をしたいね~

Lv. up の基準

2008年11月15日

これからの Lv. up 基準をば。

◇30Mと50Mの自己新 +0.5
◇ハーフ・トータル(H.T.)の自己新 +1.0

◇30M  300up +2.0   ◇50M  270up +2.0  ◇H.T.  530up +2.0

◇30M 4R 平均 280up +1.0  ◇50M 4R 平均 240up +1.0  ◇H.T.  2R 平均 500up +1.0

・・・とりあえず、これでやってみよう。

アーチェリー反省会 第53回 ~リムの重み~

2008年11月23日

11/19
近射 60本
50M 136
30M 224 H.T.460

ノルマぎりぎりで闇のなかで怒涛の連射wそんなことして記録が出るはずもなく・・・。もっとゆっくりやりたかった。
近射の時 K と近射の大切さを話す。トップアーチャーは1日1000射とか練習しているんだと。
つまり、「体力をつける」ってのよりは、「きちんとした疲れない射形を探す」ほうが重要なんだ、とか。


11/22
50M 204
30M 261 H.T.465

◇ストハイ21
◇サイト 50M6.7 30M4.0
リムを34ポンドに上げたこともあって、サイトがズレル。やっぱり50Mから30Mへの繋ぎが難しいね。
なんとなし、矢を放つ前に当たるか当たらないかが分かる気がしてきた。感覚的に。ちょっと不思議な感覚だな。

11/23
50M 218
30M 282 H.T.500

◇ストハイ不明
◇サイト 50M 7.0 30M 4.0
このリムの重さにも慣れてきた・・・のかな?そろそろ自前のを買わないといけないみたいだけど。
・・・・出費が痛すぎるな、この競技は。

今日は両方それなりには当たっていたほうだと思う。ただ、矢がバラける。9~10点に当たらない。
これは射形なのか弓具なのか・・・D先輩にノッポイがおかしいと言われたが。修理せなあかんね。なんで関西弁やねん。

良い感覚の射形は、なんというか・・・こう・・・引く時に右肩で引く、というか、肩甲骨を下げる感じで。
そのぶん肘の高さを注意すればOK?

あと、引き戻す勇気がかなり大切。人が多いと焦るけど、ちゃんとした射を意識しないとね。

簿記検定試験会場の後方で哀を叫んだけもの

2008年11月24日

11/16
簿記検定が朝からあった。

・・・実は3級に落ちていたなんて人に言えない。70点合格で69点ってなんだよ。ってか3級で満点近く取れないってなんだよ。

そんなこんなでまずは3級。
テストの説明も終わり、いざ開始・・・と思ったその時、なにやら後ろの方からうめき声(叫び声?)が!!
振り返って見れば、荒い呼吸をした受験生が立ち上がり・・・失神したではないか!!

会場はもう騒然。
「え?テストどうなんの?ってかあいつ大丈夫か?」
いや、大丈夫じゃないだろ・・・。

騒ぎは救急車を呼ぶところまで大きくなり、テスト開始は30分遅れることになる。
おそらくテストの緊張から過呼吸に陥ったんだろう。
正直、3級の試験でそこまで緊張してたらこれから先生きていけないんじゃね?と思うが。

・・・てことで、試験は波乱のスタート。

さてと、テストは・・・・すっごく簡単!!この前のが難しすぎたのか。傾向もいたって普通。余裕だな。
前回から出題者の頭がパーンとなったかと思ったが、大丈夫そうだ。
というか、この前の問題でも答えられないといけなかったんだ。言い訳は良くない。

そして次は2級。今回の本丸・・・なんだけども。商業簿記の本支店会計と工業簿記の一部が不安。
自分でまずまずって感じた時はだいたいダメだからな・・・ふっ。

あ~、もっと勉強せねば。19日には1級の講義が始まるし。月~金まで20:40の講義だって。
それが6月まで続くってどんだけの量なんだよ簿記1級ってのは。

そりゃあこの日記も更新が遅くなるわけだ。

ちなみに、今日のタイトルは有名なSF小説『世界の中心で愛を叫んだけもの』(ハーラン・エリスン)から。
断じてあの恋愛小説からじゃあない。こっちが先だ!新世紀エヴァンゲリオンのTV版最終話のタイトルの元ネタでもある。

この本、表題作がぶっ飛びすぎてて「今の僕には理解できない~♪」・・・かったけど、その他の短編はどれも楽しめた。
このなかの「殺戮すべき多くの世界」なんかは今やってるガンダム00と重なるところがあって面白い。

ちょっとおススメ。