サンタになる条件 前編  ~クリスマスの思い出~

2008年12月01日

ミニ四駆シャイニングスコーピオン ~レッツ&ゴー~ミニ四駆シャイニングスコーピオン ~レッツ&ゴー~
(1996/12/20)
SUPER FAMICOM

商品詳細を見る

もう12月か・・・そろそろサンタとトナカイが最終調整に入る時期ですね。

サンタは全世界のお客さまがたのニーズにあった商品を提供しなければならない。

しかも、注文される商品はクリスマスの直前までわからない。

「任○堂のDSを買っとけばいいだろう」と思ってたら
靴下の手紙に「Googleの株券」なんて書かれていたらどうするんだ。(その子には資質がありそうだけど、なんか嫌だ)

なかにはマニアックな商品を所望する人もいるだろうし、「俺は太陽が欲しい!」なんて無茶な注文をされることもあるだろう。
ちゃんと商品が提供されなければ、苦情殺到は間違いない。

そしてなにより夢を提供しなければならない。

これはとても、と~っても難しいことだ。
はたして情報が溢れている今、サンタさんを心から信じている子供はどれほどいるのだろうか?

自分には、とても苦い思い出がある。いまだに両親に少し後ろめたいものがあるんだ。

あれはたしか小学1年生のクリスマス。

「この家には煙突はない。2段ベッドの上で寝る僕には唯一の進入口の窓、そして扉も見渡すことが出来る。
・・・夜更かししてサンタをこの目でみてやろう」

その深夜。一年生にとっては10時でも深夜である。
扉からそ~っと出てきた影は・・・・父さんだった。

夢のない、親不孝なガキである(それは今も変わらないか)

その翌年。小学二年生のクリスマス。

そろそろ友人の一部では「サンタはいない」論が展開されていたころだ。
昨年の目撃談も多くあり、自分も一緒になって「いない」論を広めたのだ。

「真実を知ってる俺らっておとな!」の考え方である。
今になって思えば、本当の大人ならその事実を胸にしまっておくべきなんだが。

周囲の友人が抱いていたサンタへの夢を壊していたのだと思うと、胸が痛む。

そしてサンタさんへの手紙に

「サンタさんがお父さんなのはわかっています。それで~」

と書いた記憶がしっかりと残っているのだ。

あの瞬間、サンタは死んだ。親のサンタも、子のサンタも。

酷いことをした。同世代のなかでも我が家のサンタはトップクラスで短命だったのではないかと思う。

でも、だからこそ、その時に、晩年のサンタさんに、頼んだプレゼントは未だに覚えている。
逆に、あのときのクリスマスプレゼント以外は正直、はっきりとは思い出せないんだ。

皮肉なもんだ。ちなみに、上の写真のがそのプレゼントである。スーファミのソフト。

今なら¥1で買えるっていうww送料が商品の340倍ってそれwww

サンタになる条件 後編  ~サンタ試験~

2008年12月02日

サンタさんのスーツ(2007/11/05)
前編は書いているうちに想い出話しに脱線してしまった。
こっちが話したかったこと。

で、本編の前に、まず・・・
アマゾンの「おもちゃ」で〝サンタ〟を検索してみたら、
そのほとんどが女の子用のコスプレ衣裳で笑ったw

これはひどいww下の方にURL貼っとくから見てみ?

・・・サンタのスーツがプリテティーサンタに負けている現状を。

・・・・・。

そうかい巷のカップルはこんな衣装来ちゃってクリスマスしちゃうのかい。

い~よ俺らしがない男どもは『明石家さんた』を見て楽しんじゃうから。

にしても去年の明石家さんたは最高だったなぁ。
たしかタカアンドトシのタカが彼女に振られたことを告白してたっけ。家族で爆笑してたw
あれからもう一年。早すぎてびっくりする。

◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  

そろそろ本題。 サンタになる条件とは。 
(ここでのサンタは、前編で書いたような概念的な存在ではなく、『公認サンタ試験』における存在するサンタね)

『サンタ試験』とは、グリーンランド国際サンタクロース協会(でも本部はデンマーク)が主催するサンタクロース検定試験のこと。


【受験資格】

①体重120キロ以上で
②子供がおり、
③ホッホッホーのサンタ語でコミュニケーションが取れること。
④真夏のデンマーク試験会場までサンタクロースの衣装で行くこと。・・・臭そうって言うな。

【試験内容】

◇プレゼントを背負い、50Mダッシュ
 →煙突登り→煙突から降下
 →プレゼントをツリーの下に置く
 →サンタのために用意された山盛りのミルクやお菓子を完食
 →煙突登り→煙突から降下
 →50Mダッシュでスタート地点に戻るまでのタイムを計る。

◇「HoHoHo」の発声試験

◇長老サンタとの面接

などなど。4日間の試験を耐え抜いた精鋭が公認サンタクロースになれるのだとか。
(ちなみに、公認サンタクロースは現在世界に180人。男女比は6:4)

日本人ではパラダイス山元さんがただひとり公認サンタクロースに選ばれている

つまり、サンタになる資格とは。動けるデブ!!なんと分かりやすいことか。
クラスに一人はいたよねそんなやつ・・・小学生だった頃の自分がいい例だ。

・・・じゃ、こんなもんでいいか。

アマゾンでおもちゃ→サンタでの検索結果

Lv.up の基準 その弐

2008年12月03日

そろそろ前回の基準を突破しそうなのでハードルを上げる。

◇30Mと50Mの自己新 それぞれ+0.5

◇ハーフ・トータル(H.T.)の自己新 +1.0

◇30M  300up +2.0    310up +2.0 320up +2.5
◇50M  270up +2.0   280up +2.0 290up +2.5
◇H.T. 530up +2.0 540up +2.0   550up +2.0 560up +2.5

◇30M その週(月~日)の平均 280up +1.0  290up +2.0
◇50M その週(月~日)の平均 240up +1.0  250up +2.0
◇H.T.  その週(2H以上)の平均 500up +1.0  510up +2.0

こんなところでどうでしょう?

風邪ひいた

2008年12月04日

入学して二日目。
簿記検定試験の次の日。
そして、今日。ピンポイントな風邪がまたやってきた。
パブロン飲んだら治まった。
遅めのパブロンでも効く。

アーチェリー反省会 第56回  ~明日のOB杯に向けて~

2008年12月06日

11/3
近射 1R 60射 ・・・ノルマ埋め。

◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  

11/6
資材の回収のついでに明日のOB杯に向けての調整。
・・・当たりすぎだ。明日ちゃんと当たればいいけど。

弓兵 Lv. 10 から 弓兵 Lv. 19.5 にレベルアップ。

50M  48 42 43 45 42 44  264(自己新)
30M  49 51 48 55 54 55  312(自己新)   H.T. 576(自己新)
近射  18本

◇30Mと50Mの自己新 それぞれ+0.5
◇ハーフ・トータル(H.T.)の自己新 +1.0
◇30M  300up +2.0    310up +2.0 320up +2.5
◇H.T. 530up +2.0 540up +2.0   550up +2.0 560up +2.5  570up +2.5

◇ストハイ 20+2  50Mサイト 6.9  30Mサイト 3.8

◇サイトは1~4エンドまでは気持ち低めに合わせる。5~6エンドで中心を合わせると丁度良い。
◇今回は変な感覚だったら引き戻すように気をつけた。やっぱ大切、引き戻す勇気。
◇それでも、アンカー入ってから溜めすぎた射はやっぱりあまりよろしくない点数だったりする。
◇そういうのは、クリッカーチェックが出来ていない証拠。注意。

アーチェリー反省会 第57回  ~OB杯~

2008年12月07日

OB杯。OBの方々と一緒に練習しようぜ!杯の略。
先輩方は70M・50M・30M、一年は50M・50M・30M の3R。

後半疲れてグダグダだったかな?

OBのみなさんと話す糸口が見えず、OB同士、学生同士で固まってたかも。
・・・ちょっと意味なくね?というのは禁句だろうか。

弓兵Lv19.5から 弓兵Lv22.5へ。

50M 245 224
30M 273       3R合計 742

◇今週30M平均 292.5→Lv+2
◇今週50M平均 244.3→Lv+1

◇ストハイ 21
◇50Mサイト 68 ・30Mサイト 38
◇1Rの50Mはボチボチ。
◇2Rの50Mは3endまでボロボロ、4endでもちなおすも5endで 29 というひどい点で崩壊
◇30Mは疲れていたし、十分かな? 同的だったK林が(途中まで)調子よくてびっくりした。

・・・・・明日は両腕筋肉痛だな、こりゃ。

キムチ鍋の夕べ

2008年12月10日

友人宅にてキムチ鍋を食べる。集まったのはクラスの男ども8人。
[キムチ鍋の夕べ]の続きを読む

CAST AWAY 【★★★☆  rank B+ 】

2008年12月13日

Cast Away (Spanish) (Spec Sub) [VHS] [Import](2002/05/21)
監督 ロバート・ゼメキス
主演男優 トム・ハンクス
Ex  米 2000

トム・ハンクス主演のサバイバル映画・・・と思ったら感動ものだったという不思議w
なんでバレーボールが流れていくだけなのにw と思うこと必須の映画。

改めてトム・ハンクスの凄さが分かった。なんたって役(体?)作りが凄い。
後半は痩せすぎてて誰だか分からなかったぜw

彼の痩せっぷりで追加評価+。

効果音のみ(セリフなし)だから、どうしても演技力が試される作品だったからなぁ。

ニコニコ向けの映画だったよね。セリフがほとんどないし。ああ、ウィルソン君・・・。

ストーリーは流される→サバイバル→助かる って王道なんだけどもさ。いや、助からない漂流映画なんて悲しすぎるから仕方なし。
 〝十五少年漂流記〟みたく<強くてニューゲーム>じゃないぶん、無人島での奮闘ぶりには泣ける。
最初の箱カメラの演出はぼちぼち、チャックの去り際、終わり方も少し前向きで良し。(帰ってからの話は少し蛇足かな?)

<あらすじ&ネタバレ>
婚約者のいる運送会社 Fedex の管理職である主人公チャック。
彼は時間に厳しく、いつも忙しそうに動き回っている人だ。

ある時、自社の貨物機に同乗したことが彼の人生の分岐点となる。

運悪く貨物機が墜落、チャックは運良く生き残るが、流れ着いたのは太平洋のど真ん中にある無人島。

救助を待つも月日は過ぎ、孤独に苛まれながらもチャックはサバイバルな状況に順応していく。

助けが来るのを諦め自力で脱出するか、それとも脱出を諦めるか・・・。
どちらにせよ、行動しなければ死ぬだけだ。

流れ着いた荷物の一つ、Willson と名付けたバレーボールを人物に見立てて正気を保ち、数年後とうとうチャックは脱出を試みる。

荒波を越え、嵐を耐え、ウィルソン君との別れを忍び、脱出に成功した彼を待っていたのは・・・?


・・・・そして、彼は流れ着いた荷物を4年の時を越え、ひとり届けるため旅に出る。
たどり着いたのは運命を分けたいつかの十字路。
彼が進むのはどの道なのだろう?


ってかこれってもう8年前の映画なのか・・・。少し前に王様のブランチで紹介してたと思ってたのに。時が経つのは早いものである。

<関連記事>
十五少年漂流記 【★★★   rank B 】 No.306

知的生産の技術 【★★★   rank B 】 No.145

2008年12月14日

知的生産の技術 (岩波新書)(1969/07)
著 梅棹忠夫
社 岩波新書
Ex 父推薦本

1969年に発行されたにもかかわらず、
2007年現在(当時)で75刷と増刷を続ける名著。

40年前。PCもネットも携帯・メールも無い時代に書かれた本書。
今にも息づいている技術と本質を突くアイディア。

古いからといって、全てが時代遅れ・・・というわけではない。

学校では知識を教えてくれるが、知識の獲得の仕方までは教えてくれない。
メモの取り方、カードの利用法 etc...この本は、創造的な知的生産を行うための実践的な技術を提案する!!

・・・・そうなのだが、如何せん40年前の本であり、内容である。
本書の7割くらいはあまり役に立たないのでは?というのが正直な感想だ。

裏を返せば、3割ほどは今でも役に立つ話なのだが・・・。

万年筆やタイプライターの話、手紙・原稿・文章については古すぎて使い物にならないかと思う。

以下、〝今でも役立ちそうな3割〟についてまとめる。

<まとめ>
◇カードを使え!
    (京大)カードはノートと違って並び替えが出来るという利点がある。
    ちょっとした箱に入れていけばパラパラめくるだけで見直すのも簡単だ。
    ※書き込むときは日付・出典を忘れずに。

◇記憶ではなく記録しろ!
    忘れるために書くと言っても良い。
    大抵の人は1年前のことを詳しく思い出せないものである。
    後で見直して、脳内で〝再起〟できればオールOKなのだ。

◇日記は自分のための業務報告だ!
    ま、自分の心の声を書くのもいいかもしれんが、後で見直しても役に立たないことの方が多い。日記は文学ではない。
    その日あったこと、何を行い、何を発見したか。
    それらを記録し、過去~現在~未来の自分と文通し、情報を交換するもの。
    それこそが能率的な日記のありかたであり、いつか役に立つ財産になるはずだ。


以上の3点。・・・著者はもちろん、当時の人たちはここまで情報化が進むとは思いもしなかったろうに。京大カードは今でも代えられないものだが、日記・記録についてはネット(このブログも含めて)で代替できるものになってしまった(手帳は手元にあったほうがいいけど)。

ウェブ進化論(梅田望夫)にもあったけど、色んな情報をネットに置いといた方がこっちの世界(現実)で動きやすくなるしねぇ。

<関連記事>
情報は1冊のノートにまとめなさい 【★★★   rank B 】
思考の整理学 【★★★★  rank A 】 No.184

パンク侍、斬られて候 【☆     rank D-】 No.126

2008年12月16日

パンク侍、斬られて候 (角川文庫)
(2006/10)
著 町田 康
社 角川文庫
Ex Amazonオススメ

核☆地☆雷♪
Amazonのレビューでは凄く評判いいのにねー。なんなんだろうねー。

敢えて文をぶっこわしてるんだろうけどさ。・・・どうよ?

確かに、侍や大老に現代語(横文字)を使わせて現代の若者や社会について喋らせるのは興味深い。
その点でいえば、全編シュールであるといえる。

ま、社会風刺だ。

が、である。それが面白いのかは、また別の話。

面白くないのだ。全く。これは自分の教養のなさとか、そういう次元ではないと思う。

気がつきゃ主要メンバーは全滅、誰ひとりとして救われない話。

それも、なんだか「風呂敷ひろげすぎて畳めなくなったから、とりあえず殺しておこうか」という
(狙っているのだとしても、)終盤の展開には登場人物たちに同情すらおぼえ・・・・ないなwここまでぶっ飛んでると。

<あらすじ&ネタバレ>
一人の囚人であった 掛十之進 が士官するため、一人の じいちゃま を斬り殺すことから話は始まる。
掛 は老人が〝腹ふり党〟であり、災厄をもたらすから斬ったと言うが・・・?

掛十之進 は士官に成功するが、そのために自らが蒔いた災いの種がどんどん芽を出してしまう。

終盤。戦場で誰も彼もが〝何故、こんなことになってしまったのだろう・・・?〟と疑問を抱きつつもバッサバッサと死んでいく。
気がつけば戦場は人や獣の四肢、内臓・・腹綿がそこらじゅうに散らばり、血の海と化していた。

そんなこんなで(笑)最後は世界が崩壊してしまう。主人公も惚れた女に殺されて、おしまい。

<引用>
「尊公ってバカ?それともアホ?」

「ばははははは!!」
オサムは爆笑しながら猿や人間を爆殺していた。

空は美しく、嘘くさかった。
美しく、嘘そのものだった。