ひとこと おきば 10年8月

2010年08月01日

ひとこと おきば 10年8月
[ひとこと おきば 10年8月]の続きを読む

二十億光年の孤独 【★★★★  rank A 】 No.595

2010年08月01日

二十億光年の孤独 (集英社文庫 た 18-9)(2008/02/20)
著 谷川 俊太郎
社 集英社文庫
Ex デビュー作/当時の詩集ノート・英語版あり

かつて孤独であった少年は、
今や言葉を操る大詩人となった。

少年が何気なくつづっていたその詩たちは、
半世紀たった今でも、人のこころを掴んで離さない。

[二十億光年の孤独 【★★★★  rank A 】 No.595]の続きを読む

デュラララ!!×2 【★★★   rank B 】No.594

2010年08月02日

デュラララ!!×2 (電撃文庫)(2005/03)
著 成田 良悟
絵 ヤスダスズヒト
社 電撃文庫
Ex アニメ原作(10春)

首なしライダー事件後の池袋。
今度は 連続通り魔事件 のはじまり。
もちろん、普通の通り魔事件とは違うようで・・?


[デュラララ!!×2 【★★★   rank B 】No.594]の続きを読む

世界的金融危機の構図 【★★★☆  rank B+】No.596

2010年08月03日

世界的金融危機の構図(2010/02/24)
著 井村 喜代子
社 勁草書房
Ex 参考文献

「金融恐慌を読み解く」のマイナーチェンジ版といったところ。
わかりやすい言葉で解説がされており、手軽に読める。
初版は修正箇所が多いので、第2版以降がおススメ。
・・・第2版が出るかは分からんが。
[世界的金融危機の構図 【★★★☆  rank B+】No.596]の続きを読む

不幸論 【★★★★★ rank S 】No.581

2010年08月04日

不幸論 (PHP新書)(2002/10)
著 中島 義道
社 PHP新書 223
Ex 帯文句は「幸福とはしょせん錯覚。」

自虐風自慢に思える点もあるが、
世に蔓延る「幸福でありたい症候群」を
片っ端から粉砕していく、なんとも痛快な一冊。
[不幸論 【★★★★★ rank S 】No.581]の続きを読む

タイタンの妖女 【★★☆   rank C+】No.342

2010年08月05日

タイタンの妖女 (ハヤカワ文庫 SF 262)(1977/10)
著 カート・ヴォネガット・ジュニア
社 ハヤカワ文庫
Ex The Sirens of Titan

様々な 不 条 理 によって、
太陽系惑星間を放浪させられる主人公。
そのサイハテ、預言の地であるタイタンで明かされる真実とは。

最後のオチの受け取り方等で、評価が大きく分かれそうな本である。
[タイタンの妖女 【★★☆   rank C+】No.342]の続きを読む

水はなんにも知らないよ 【★★★  rank B 】No.208

2010年08月06日

水はなんにも知らないよ (ディスカヴァー携書)(2007/02/25)
著 左巻 健男
社 ディスカヴァー携書
Ex アンチ『 水は答えを知っている(江本 勝)』フィールド

世にはびこる“ニセ科学”を
徹底的に、科学的に、叩きのめしていくことで、
科学リテラシーの必要性を説く本。

水(DHMO)についての基礎知識も読めるので2度おいしい。
ただ一点。薄い割に値段が高い。この点のみが悔やまれるのである。
[水はなんにも知らないよ 【★★★  rank B 】No.208]の続きを読む

カラシニコフ自伝 【★★★☆  rank B+】No.290

2010年08月07日

カラシニコフ自伝 世界一有名な銃を創った男 (朝日新書 106)(2008/04/11)
著 エレナ・ジョリー(聞き書き)
訳 山本知子
社 朝日新書 106
Ex 副題:世界一有名な銃を創った男

AK(アフタマート・カラシニカヴァ)=カラシニコフの自動小銃
47=1947年モデル
AK47系の銃の愛称、「カラシニコフ」。
彼が発明したAK47は今や世界に1億丁ほどもあるといわれている。
コピー品も含めればAKシリーズは5億丁とも・・。
(追記:2013年12月23日、満94歳没。ミハイル・カラシニコフ ~ Wikipedia

[カラシニコフ自伝 【★★★☆  rank B+】No.290]の続きを読む

死生観を問いなおす 【★★★★★ rank S 】No.294

2010年08月08日

死生観を問いなおす (ちくま新書)(2001/11)
著 広井 良典
社 ちくま新書
Ex 

絶対的な無=絶対的な有

死生観について考えるということは、
時間とは何かを考えるということ。
[死生観を問いなおす 【★★★★★ rank S 】No.294]の続きを読む

ハル、ハル、ハル 【★★☆   rank C+】No.271

2010年08月09日

ハル、ハル、ハル (河出文庫)(2010/07/02)
著 古川 日出男
社 河出文庫

Ex 帯:太田光(爆笑問題)オススメ

文章がかなり前衛的。
筆者が意図した“生きている文章”であるかもしれないが、
その意図が先行することでかえって迷走しているのでは?とも。
[ハル、ハル、ハル 【★★☆   rank C+】No.271]の続きを読む