スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[本] かもめのジョナサン

2012年03月12日

かもめのジョナサン(1977/05)
No:0062
Rank: B+
著:リチャード・バンク
社:新潮文庫
属:小説
読了1:000000
読了2:未
Ex:なにかと有名な物語(終盤はSF)・映画化(1973)


・知名度はかなり高いけど、ちゃんと読んだことのある人は案外少ない物語。
・ジョナサンは純粋にスピードを出すことを目指す。もっと速く、もっと遠くへ、と。
・周囲からの妨害をものともせず、どこまでも自らの信念を貫き生きる強さに、読者は憧れることだろう。
・逆境に耐えている姿を、同じ信念を抱く誰かが影で見ているかもしれない。
・また、逆境の先にある世界はその試練に耐えた者にしか見えないかもしれないのだ。
・物語前半は良質な逆境克服スポ根物語なのだが、後半にはいると途端に新興宗教臭くなるのが難点。

◎手元に資料がないため以後修正



<あらすじ>
今日もかもめのジョナサンは空を駆ける。毎日、それも朝から晩まで。
普通のかもめ達には彼が奇妙な存在に思えた。結局、彼はチームから追放されてしまう。
それでもジョナサンは空を飛びつづける。もっと速く、もっと遠くへ・・・。
そして、飛ぶことを極めた者たちが集う新たな世界・境地にたどり着くのだった。
時空を飛ぶ力。それは・・・。

星の海を渡っていこう
振り向くことなく、光を追い越し、時を跳んで
いつまでも どこまでも (R-TYPE FINALより)





[関連記事・リンク]
かもめのジョナサン ~ Wikipedia

[関連本]

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://u1r0.blog50.fc2.com/tb.php/100-73ec7d36
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。