スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[本] 任意の点 P

2012年04月28日

任意の点P(2003/04)
No:0098
Rank: S
著:慶応義塾大 佐藤雅彦研究室(&中村至男)
社:ass
属:脳科学(錯視・錯覚)
読了1:?
読了2:未
Ex:佐藤雅彦さんはピタゴラスイッチの産みの親

・ふたつの絵、その(計算された)微妙なズレが脳の中で絶妙に絡み合い、立体化する。
・脳の構造を利用した、錯視遊び(立体視)における一つの完成形。
・付属の3Dメガネを通して見る新しい世界(立体視ができるひとはメガネ不要)。
・ここまでくると『面白い』を通り越して『美しい』
・この人の研究室は、ピタゴラスイッチも手掛けている。遊び?の分かる、いい大学だな。ただ、その遊びは大人の本気なんだが。
・子供へ贈ったら喜ばれるかもね。

◎手元に資料がないため以後修正








[関連記事・リンク]
佐藤雅彦 (メディアクリエーター)

[関連本]


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://u1r0.blog50.fc2.com/tb.php/150-622bae66
    この記事へのトラックバック

    まとめtyaiました【[本] 任意の点 P】

    (2003/04)No:0098Rank: S著:慶応義塾大 佐藤雅彦研究室(&中村至男)社:ass属:脳科学(錯視・錯覚)読了1:?読了2:未Ex:佐藤雅彦さんはピタゴラスイッチの産みの親・ふたつの絵、その(計算された)微妙なズレが脳の中で絶妙に絡み合い、立体化する。・脳...




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。