スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メモ① 日本人の働き方について・・・脱線して経済編

2009年01月05日

レポートさくっと終わらせたいなー。ただのメモ。

昨年は経済界激動の年だった。
春の原油高騰、
夏のサブプライム・ローン焦げ付き、
秋のリーマンブラザーズの破綻、
そして冬には円高による自動車業界の赤字転落&内定取り消し・派遣切り etc...

百年に一度の金融恐慌と言われているそうな。

皮肉なことではあるが、経済について学ぶにはまたとない良い機会であった。
経済入門の先生の話もタイムリーなもので、とてもタメになるものばかり。

昨年だけでも日経新聞を購読し、保管しておくべきだったかもしれない。
大学の図書館には新聞のストックはあるが、やはり公共のものなのでスクラップにすることもできないし。

が、1929年の世界恐慌に比べれば、今回の金融危機はそこまでの混乱はなかったように思う。
それは、日本の損害が他国に比べてみれば軽微ですんだというのもあるか。
ま、ボクシングで例えれば、1929がアッパーなら、2008はボディーブロー連打という感じか?
混乱よりも、ダメージ重視というか、なんというか。

でも、まさかアメリカのビッグ3が倒産しかけたり、日本のトヨタまでも初の減収どころか赤字にまでなるとは思いもしなかったなぁ。
キャノンも派手に派遣切りかましたし。

でも、親の話では少し前から経済は下降し始めていると感じていたらしい。

トヨタやキャノンは今回の混乱に乗じて減益を発表しようと思ってたら、その後の円高で思わぬ追い打ち、それも大打撃を被ったんだな。
これら大企業、それも精密機器を担当している企業が傾くと、その下請けの業者の多くも傾いちゃうもんだから、これからの数年は不況が続くことはお墨付きだな。
あ~勉強しないといけないんだよな~。

08年、テレビでは「日本にはそこまで影響はない」なんて言っていた経済学者も結構いた。今ではちゃっかり意見を翻しているが。
・・・ほんと、情けない。あと、主婦代表みたいな人に経済についてコメントさせるのもどうかと。

それに、最近のマスコミはどうなのよ?こんな時期に解散しろだとか冗談で言ってるのか?
イギリスの野党は「今はヤバいから協力してやんよ」って言ってんのにね。
なんだろうね、この差は。

日本のGDPにしめる輸出の割合は、約16%か・・・。
けど、輸出だけじゃなく、その輸出品を作ってる人たちの雇用問題でもあるんだよなぁ。

貯蓄性向が高めの日本国民資産が対ドル、対ユーロにおいて約1.3~4倍になり、
対ウォンにおいて約3倍になっている現状ってどうなんだろうか?(商社が絶賛ハゲタカ中)

あと、輸出以外、つまりは内需を活性化させることが経済活性化への道なら、積極的な内需拡大の為の財政出動を検討する麻生さんの交付金を単なる〝バラ撒き〟って一蹴していいものなんだろうか?
でも、所得制限が云々でやっぱ揉めるか。地域振興券なんて失敗もあるし。
いっそのこと食品みたいに消費期限をつければ嫌でも使うのにね。
・・・そしたらこんどは左派の人・・赤い人が文句をつけてくるのか。

消費税upはいずれ必要なことだけれど、日本の消費税って完全に全商品に一律でかかるからなぁ。
生活必需品・・・食品とか?だけは今の%、他は上げるなんてことは邪道なのか?

・・・あー、そうなると、どこまでが生活必需品かでまた揉めることになるのか・・・。めんどくさっ。

≫脱線しすぎw とりあえず、このメモはこれくらいにしとくか。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://u1r0.blog50.fc2.com/tb.php/164-815f15d6
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。