スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メモ② 西洋経済史レポート

2009年01月17日

◇ヨーロッパ物質文明の「肯定的側面」と「否定的側面」は何ですか。

≪肯定的側面≫
今日の物質文明は西洋文化の賜物。
特に科学・化学系は自然と生きる東洋文化ではあそこまで急激な発展は見こめなかっただろう(和算とかは凄いけどなw)

また、前市場社会から市場社会への転換だろうか?これは物質文明の一部とはいえるのだろうか?


≪否定的側面≫
物質文明の発展には莫大な資源・資金が必要。
ヨーロッパは新大陸を≪発見≫し、征服することで重要な資金源を手に入れる。

また、対立思想に端を発する奴隷制度・労働蔑視の思想も否定的側面といえるだろう。
対立思想の局地が異教徒の大量奴隷化・虐殺である。
対立するものを叩き潰し、自分たち中心のヨーロッパ史観を展開する。

(中国や韓国&北朝鮮・・いわゆる特亜にみられる傾向でもある。この国々は他のアジアとは別であると考えた方が良い )

◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  

それにしても、〝物質文明の〟とあるんだから思想云々の肯定的側面・否定的側面の話をしても意味がないんだろうなぁ。
物質文明か・・・

特亜・特定アジア~wiki
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://u1r0.blog50.fc2.com/tb.php/174-89e06fab
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。