スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

007 ~慰めの報酬 【★★★★  rank A 】

2009年01月31日

「カッコイイ」・・・この一言に尽きる。
見た後にレースゲーで 「アストンマーティンvsアルファロメオ」 をダートコースで再現してみたり、
街の屋根を駆け、走り幅跳びで飛び移ったりしてみたくなる映画と言ったら勘違いされるか?

まだ09年は始まったばかりだけど、これは間違いなく良作映画。
大画面・大音量で陸海空のスーパーアクションをご覧あれ。

今年一番有効に使った¥1200だったな。
近くに映画館があって良かった。レイトショーで安上がりなうえ、ど真ん中で他人を気にせずに観れるのって最高だ。


まず、前作『カジノ・ロワイヤル』から引き続きボンド役を演じるダニエル・クレイグがカッコイイ。
何があってもCOOLなその佇まいには男でも惚れる。ラストのスーツ姿にはもう・・・ね。
アクションも凄い。スタントを使わずに本人がやっちゃう。
劇中ではあんなこともあるけど、あのボンドだったらどんな女の人でも言いなりなっても仕方あるまいて。


そして、
・・・ボンドカーによるカーチェイス。10台は壊したろwそしてお前らは忍者かとww
・・・そのボロ船で挑むとはいい度胸じゃねえか・・・。無茶しすぎだってw
・・・これまたボロいw後ろから戦闘機来てるよ?片方エンジン破壊されてるよ?

・・・のアクションがカッコイイ。
特に陸戦は凄い。ボンド白兵戦強すぎだろうがw超反応すぎ。
そして 見敵必殺 Search and Destroy.


さらにそのアクションを支える MI-6 のハイテク機器の数々もカッコイイ。
ボンドカーはもとより、本部の情報管制は『マイノリティ・リポート』を彷彿とさせるし、オーバースペックすぎる携帯も大活躍。


もちろん、そのアクション・ハイテク機器のカッコよさを裏付ける肝心なストーリー・脚本もカッコイイ。
情報(インテリジェンス)戦なんだぜ(ほぼアクションだけどなw)。善悪を曖昧にした配役もGJ。

≪あらすじ?≫
前作『カジノ・ロワイヤル』の一時間後ってだけでいいんじゃない?
下手に書くとネタバレになっちゃうし、あまりにもったいない。DVDやらBlue-rayが出た頃にまた書くよ。
でも、家で見るより、映画館で観たほうが良い映画なのは間違いない。損はしないから見ればいいんじゃない?

<追記>
映画本編前にあった『ターミネーター4』のトレーラーが気になったりする。
ああ、あと本編は最初っからかっ飛ばしてくるから「トイレ行ってました」なんてことにならないように注意な。
それと、オープニングが長くない?とか、洋楽に日本語訳は必要だったの?とか深く考えちゃだめだなw
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://u1r0.blog50.fc2.com/tb.php/181-43479beb
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。