スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

各ジャンル当たり本 一覧 【恬~教養・生死・哲学・原理原則・ビジネス・経済と金融会計】

2009年03月12日

黒の騎士団CLANNAD A.S.最終回は・・・ん~、意見が分かれそうなとこだな・・・。
1期OPの時点で(実質一年後である)最終話をどうするかの構想を練ってたんだろう。

菜の花畑を走っていたのは~とか、最後に絡む人物が出てたりとか。

あと、最後の風子・・Cパートが長すぎるなと思ったけど、あれは完全に原作通りらしいね。セリフとか。
原作に忠実に作る京都アニメーションらしい(解説不足感は否めないけども)

そして、肝心のオチについて。
つまり、黒の騎士団時を駆ける少女の「タイム・リープ」ではなく、黒の騎士団ノエインの「並行世界」に近い展開だったんだよね?
〝胡蝶の夢〟みたいだけど、その夢もまた別の現実だった、ってこと?

最終回は家族みんな幸せな朋也だったけど、その裏では汐も倒れ、孤独で死にそうな朋也も別次元で必死こいて生きてるんだよな?

・・・ま、いっか。

今回紹介するジャンルはちょっとお堅い新書が多め。
新書は細切れ時間・・通学中とかに読むのに最適。
大きさも手ごろ、途中で読書を中断させられても問題ないし、物語系に比べれば他人の目も気にならないからなぁ。

◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆ 

【教養】
正義を疑え! ・・・「己の正当性」に批判の目を向けてみる。正義の反対は悪ではない。
国家の品格  ・・・売れるには訳がある。日本人を元気づけてくれる国家論。
ナショナリズム・・・これって本当に新書?単行本並の濃い内容で考えるナショナリズム。

【生死】
死生観を問いなおす   ・・・死生観を問うためには、時間の捉え方から考える必要が。
もう牛を食べても安心か ・・・狂牛病、BSEとは?という内容からさらに深く、細胞の動的平衡論へ。

【哲学】
哲学の誤読・・・大学の現代文第二問に出てきた哲学系の問題文を哲学する、その意気や良し。

【原理・原則】
80対20の法則             ・・・これは当たってるよ、マジで。
「原因」と「結果」の法則        ・・・あるあ・・・あるあるあるwww
自分の小さな「箱」から脱出する方法・・・お手軽に読める自己啓発本なのに内容がかなり濃い。

【ビジネス・会計】
考具        ・・・カラーバス効果、実際にやってみると驚くよ?
地頭力を鍛える  ・・・「日本に電信柱は何本あるでしょうか?推測してみ?」・・・こいつぁ面白れぇ!
知的複眼思考法 ・・・いわゆる友人 I の思考法。常に色々な可能性を考えて行動しろってこった。
「発見力」養成講座・・・サクッと読める割には高値だけど、得るものはあるはず。このシリーズはこの本以外は微妙。

【経済と金融・会計】
亜玖夢博士の経済入門  ・・・囚人のジレンマやゲーデルの不完全性定理などをテーマに展開されるブーメラン短編物語集。
エコノミストは信用できるか・・・実名をあげ、論理一貫性などを調べる。論理が二転三転していたのがバレた経済論者は涙目ww
さおだけ屋はなぜ潰れないのか・・・会計の入門・・ではなく、門前書。手軽に読めて良し。この著者の続巻も面白い。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://u1r0.blog50.fc2.com/tb.php/196-56b26c3c
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。