スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孤独のグルメ(文庫版) 【★★★   rank B 】 No.329 (気になった動画付)

2009年05月29日

孤独のグルメ (扶桑社文庫)2000/02
原作 久住 昌之
作画 谷口ジロー
社  扶桑社文庫
Ex  漫画 18話収録 テクテク従軍記(ニコ動実況)などにも登場

孤独のグルメ! そういうのもあるのか・・・。
この漫画は正解だった。
渋さ具合もちょうど良い。他の漫画のなかでもすっごく穏やかな存在だ。
(第1話 東京都台東区山谷のぶた肉いためライス より)

◇独りメシ。かといって、有名店を訪ねるわけではない。
  どこにでもありそうな(チェーン店ではない)定食屋に入ってみて、ありふれたメニューを注文し、食べる。

◇ただし、飛びこむ店は〝初めて〟の店。
  〝初めて〟というのも、この漫画における大切なポイントだ。

◇そして、主人公の井之頭五郎は独り黙々とメシを食う。
  そう。独りなのだ。 だから自分が思った店に入り、誰にも邪魔されず、好きなメニューを食べ、様々なことを思う。思っても口に出さなくていい。

「モノを食べる時はね、誰にも邪魔されず、自由で、なんというか救われてなきゃあダメなんだ。  独りで、静かで、豊かで・・・」
(第12話 東京都板橋区大山町のハンバーグ・ランチ より)


ちなみに、各話のタイトルも面白い。
例えば、第1話のタイトルは〝有名店の宮廷料理〟とかじゃなくて、〝東京都台東区山谷のぶた肉炒めライス〟
〝初めて〟その店に入って、〝とりあえず〟食べてみるからこそのタイトルであり、メニュー。

下手に飾っていないところも良いんだなぁ、これが。
おいしそうに食べる五郎を見て、腹が減るし、実際にそんな店を探してみたくもなるってもんだ。

この漫画の食べ方も人それぞれ。「自由」に思いを馳せてくださいな。


朗読してみた猛者が出てきたので、それを見て、独特の雰囲気に浸ってくださいな。

<タグ> アニメ化!そういうのもあるのか  腹もペコちゃんだし動画でも見て一息つくか  悪くない!悪くないぞ!!

キンモクセイのOP・EDはもちろん、BGMのチョイスも良い。コメントも〝分かっているな〟というものばかりで見ていて心地よい。
それにしても良い声してるなぁ。モブキャラも上手い。

孤独のグルメ 第一話山谷のぶた肉炒めライス前編 ~ ニコニコ動画
   
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://u1r0.blog50.fc2.com/tb.php/259-21b818b3
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。