スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語対策日本語訳①

2009年07月08日

水の過剰流動性~驚くほど大量の水が日用品を製造するのに必要とされている。

水はどれほどの価値を持つ商品なのだろうか?
最近の中国・オーストラリア・アメリカそしてケニヤの一部に起こった干ばつによって被害を受けた農家やその他の人々が気づくように、水の価値は簡単に把握することができる。
消費者はすでに日用品を生産することによって(エネルギーのような)使用された資源や(たとえば、炭素の排出のような)公害についての関心を高まらせている。
彼ら(消費者)が日用品を造るうえで必要とされている水がどれほどであるかを知れば驚くことだろう。

たとえば、カップ一杯のコーヒーには、ポットを溢れさす以上の量の水が必要とされている。
この問題に対する最近の文献によると、1120リットルの水が飲料・・・ここではコーヒー・・・1リットルあたりのコーヒーを作るのに必要とされている(すなわち、一杯140リットル)ということだ。
それに比べると紅茶1リットル作るのにつかわれる水の量は120リットルと少量だ。
ミネラルウォーター1リットル作るのに使われる水の量は4リットルほどである。
家庭用品も同様に大量の水を消費する(詳しくはネットの図を見て)
膨大な量の水が靴、ハンバーガーやマイクロチップを作るのに必要とされている。

さらに言うなら、たまに“これちょっと乾いてるんじゃないの?”と思えるような普通のチーズサンドウィッチを作るのにも風呂桶数杯分もの水が使われているわけである。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://u1r0.blog50.fc2.com/tb.php/301-1e362bc0
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。