スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰かに仕事を頼むとき

2009年08月28日

ほぼ日手帳下コメ欄。
糸井重里さんが『任天堂の岩田社長が遊びに来たので・・・』の中で

誰かに仕事を頼むときは「自分だったら引き受けるか?」という発想がなきゃいけない。

頼まれる側は、「頼んででもやりたい仕事」に一回変換して考えてみないといけない。

なぜかというと、引き受ける側は、全部つらいに決まってるんだから、

「そのままじゃつらいだけだけど、こういう形がありなんだったらやりたい」

というふうに変換してはじめて、後悔せずに一所懸命に取り組めるんです。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://u1r0.blog50.fc2.com/tb.php/346-7e5786a0
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。