スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本で一番売れてる本は何か?

2009年12月05日

61 :名無しさん@十周年:2009/12/04(金) 10:48:23 ID:A5h3VgLE0
>>1
日本で一番売れてる本は何か?
「1Q84」でも、「新・人間革命」でもない。
それらをはるかに上回り、しかも毎年ダントツで売れている本があるのである・・・。

それは、「交通の教則」「人にやさしい安全運転」((財)全日本交通安全協会)の二冊。
そう、運転免許更新のたびに強制的に買わされるあれである。
自動車免許保持者は7000万人、免許を更新する人は年間1500万人~2000万人いるそうだから、
「交通の教則」「人にやさしい安全運転」もその分は必ず売れる。
年間1500万部~2000万部、2冊合わせると年間3000万部~4000万部である。
しかも何の宣伝をしなくても、毎年コンスタントに3000万部~4000万部売れるのである。

免許更新で警察に入ってくるお金は、430~580億円の巨額になる。
ちなみにイギリスやフランスでは70歳まで免許更新の必要はない。

世界のベストセラーといえば、聖書、毛沢東語録がすぐ思い浮かぶが、
累計だと、それに続くのは日本の「交通の教則」「人にやさしい安全運転」ではないだろうか・・・。

追記:事業仕分けされました。個人的には事業仕分けは第二弾のほうが頑張ってるなと感じた。

<関連リンク>
無駄な手続きの秘密(免許の更新) ~ Welcome to Shigio YAMAGUCHI's web site.(車生活者の悲惨)
関連記事


コメント

  1. オッキー | URL | -

    それ最近貰ったよ~

  2.  弓兵 Lv. 2 | URL | -

    自動車免許更新料、その手数料の内訳

    おまえここ見てたのかw

    ・・・コホン。自分はまだ免許を持っていないので詳しいことは分からないのですが・・。
    『貰った』とコメントでありますが、それは買った、という意識は無いということですか?
    (関連リンクを追加しておきました。ザッと目を通す価値はあるかと)

  3. オッキー | URL | -

    買ったという意識はないなぁ
    貰ったって意識が強かったね

  4.  弓兵 Lv. 2 | URL | -

    知ったところで・・な選択肢の有無について

    買わなくてもいいって選択肢があったら買わないって人も出てくる。
    それに、時が経てば交通ルール・法律も変わっていくわけで・・。
    知らなかったで言い逃れさせないために本を買わせている面があるのもわかるけど・・ねぇ?

    買ったと意識せず、免許の更新料にも疑問を抱いていないのなら、その人にとってはそれでいいんじゃないのかな?
    ただ、こんな噂があるよ、違う選択肢があったのかもしれないよ、という話なのでした。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://u1r0.blog50.fc2.com/tb.php/401-e74042ed
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。