スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年12月16日

経営者向きのダイジェスト
見解:失業率がなかなか改善しない理由
今回の景気後退において犠牲となったモノの長いリストにオークンの法則を加えることが出来る。さかのぼって1960年代にはリンド大統領の経済顧問のアーサーは国内総生産の1%の低下につき失業率が0.5%上昇するという事案にしたがって、生産出来高と失業率の数学的な関係をとらえたのだった。
この経験則は半世紀のあいだ割合上手くもちこたえたのだが、そこに大不況が起きたのだ。

一つの重要な理由は、企業が景気下降期に一般的な慣行である経済学者たちが「労働保蔵」というものを行っていないかもしれないとローウェンスタインは述べているのである。
企業は景気回復を見越しほとんどの従業員を確保しようとすることはせず、削減したのであった。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://u1r0.blog50.fc2.com/tb.php/444-245de3fc
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。