スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACSLP アセンブリ・バリエーション その6

2010年03月06日

ACスレテンプレ・アセンブル基礎知識
 APの減り具合は防御係数で決まる。実&E防御OP(各防御力15%UP)装備を前提とすると・・
   実弾防御係数 = (総合実弾防御力×1.15-1017)÷50
   E弾防御係数 = (総合E弾防御力×1.15-955 )÷50
   実際のAP減少量x4={攻撃力x(45-防御係数)x3/8-25}/10 端数切捨(or ±1)

 ここでの係数の端数切捨てをいかに無くすかがアセンの肝らしい。

 また、ラジエターの選択基準は 強制冷却能力>>>>>>>通常冷却能力 ラジをケチったら放熱OP(冷却30%UP)は必須。
※N系はまた異なる。


これは・・修正が必要だ・・(今までのアセン的に)

さて、アセンブリ・バリエーション その6。
自分が◇自宅AC対戦会として作っておいた脚部別のアセンブリ機体を紹介その3。
ネタ?ブレタンクと地味に勝率の高めな重装フロート。


【 AC15・・一度突ければ行幸?なブレタンク】

 外装  BEE・008・REE・TRIDENT
 内装     ・WS-1・ROZ・SA77

 武装 + : 20デコイ・旋回B
     肩 : 両肩ブースター
     腕 : 30大バズ(or熱重ハンド)・月光

 OP
  実防・E防・反動軽減・ロック解除・サイト拡大 or 旋回・ブレ強化


関東予選A地区でも登場し、アリーナ地形特化ガチタン(AC08)を見事に切り伏せ会場を沸かせたブレタンク
初見相手に近づくことができれば一瞬で勝利できる可能性を持っている。
その心は、上手く決まれば(4HIT?)一撃でAP6000以上を持っていく月光にある。
さらにバズを使って相手を硬直させた後に切れば・・ワンターンキル。
むしろ、それしかな(ry

タンクの癖に異常なまでの機動性を誇り、OBブレホを使った挙動不審な?動きで近づいてくる。
安定性も6000オーバーでハンドガンにも固まらずに突っ込んでくる威圧感は半端なものではない。
「あっ アレが来た!」ではもう遅い。武器腕の侍に換装することでさらなるネタを追求するのもいいかも。
使いこなせれば、あるいは。自分はENカツカツになりがちでとても使いこなせない。
小ジャンプというより、ブーストボタン連打して移動するのが定石らしい。ここらへんはAIアリーナ(一閃)のrank 1を参考にするといいかもしれない。
E弾強化・E連射・E低消費OPはブレードには効果が無いので注意。
ちなみに、武器腕・侍の刀身はちゃんと刀の形状となっている。細かいねー。



【 AC16・・武器回収可で活きる重装フロート】

 外装  MIST・008・HADRO・MAK
 内装  SRA02・ROZ・ICICLE

 武装 + : 10デコイ・24連動
     肩 : 右肩30高機動ミサ・左肩36垂直
     腕 : 右500マシ・左強ショ

 OP
  実防・E防・被弾安定・ロックタイム短縮・サイト拡大
  旋回・ミサ表示・放熱

通常移動だけでビットを避けることが出来るのが強み。ただ、無限ブーストが必須テクか?

高機動ミサか連動+垂直かの選択式。普通は連動+垂直を選ぶ。
遠距離ではきっちりミサを回避したり、連動垂直を撃ったりする。
近距離では機動力を利用して高火力な両手武器で攻める(マシを重ハンドにすると・・)
中距離での射撃戦は不利なので、遠近どちらかにブーストで距離を調節する。

遠距離戦で注意すべきは、無限ブーストが出来るからといってブーストを吹かしすぎると回避が難しくなるという点。
ビットは通常移動だけで避けることができるし、フロのブースト出力があれば、たいていのミサは短距離ダッシュ一回で避けることができる。
下手にブーストを吹かすと停止時の硬直が怖くて「やめられないとまれない」状態に陥り、結局ミサに事故ったりすることが増えてしまう。

では、長時間のブーストはいつ使うのか?それは「相手が近づいてきたとき」。
攻めるなら、相手が近づいてきたときにこちらも一気にブースト(OBも可)を吹かすことで一気に近距離戦にもちこみ、さらにその機動力で側面を取りに行く。両手には近距離で威力を発揮するものを持たせているので、そこそこ削ることができるだろう。
守るなら、機体を左右に振つつ距離を離す。・・けど、正面戦だと地味にダメが蓄積することも。交差して相手の死角方向に逃げるほうが良いかもしれない。

AC07の左盾フロは安定して勝てるかもしれないけど、正直使ってて面白くないし、なんだか相手に申し訳なくなる。
それに比べてこのAC16は使っていて面白い。攻めるのも守るのにもちょっとしたコツが要るかもしれないが、慣れてくるとAC13の骨機体の次に使っていて面白い機体になりうる。


<関連記事>
関東予選使用機体~ACSLP アセンブリ・バリエーション その1
ACSLP アセンブリ・バリエーション その2
ACSLP アセンブリ・バリエーション その3
ACSLP アセンブリ・バリエーション その4
ACSLP アセンブリ・バリエーション その5

第3回自宅AC対戦会~要綱と各脚部別の反省
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://u1r0.blog50.fc2.com/tb.php/470-26096847
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。