スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七回死んだ男 【★★★★☆ rank A+】No.339 (要編集)

2010年02月09日

七回死んだ男 (講談社文庫)(1998/10/07)
著 西澤 保彦
社 講談社文庫
Ex 友人 I オススメ

浪人時代に友人Iに「設定が面白い」と薦められた本。
かなり分厚いけど、変わった設定のおかげでサックリと読める。
読者は最初から7回は繰り返すってのが分かってるんだし。
最後のオチをどう受け取るかによって評価は分かれそう。
本格ミステリとはいかないが、かなり幅広い層にうける本ではなかろうか。

関連記事


コメント

  1. 藍色 | URL | -

    Re: 七回死んだ男 【★★★★☆ rank A+】No.339 (要編集)

    やっぱり、この作品が西澤作品で一番好きです。
    トラックバックさせていただきました。

  2. 弓兵 Lv. 2 | URL | -

    初めての西澤作品

    自分にとっては初めての西澤作品がこれでした。友人の選書眼に感謝。
    他の作品にも手を伸ばしたくなる魅力がありました。次は『人格転移の殺人』かな?
    トラバからも探してみることにします。
    ちゃんとまとめてからトラバ返すつもりですが、そのときはよろしくです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://u1r0.blog50.fc2.com/tb.php/477-71e3f822
この記事へのトラックバック

七回死んだ男 西澤保彦

幾度も繰り返される殺人。殺されるのは渕上零治郎。 認識できるのは孫の久太郎だけ。 時間の反復落とし穴に嵌まり込んだ久太郎が、 祖父の...




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。