スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異業種競争戦略について 要約とか

2010年05月10日

面倒でもやらないといけない。今回も適当にメモしておいて後でそれを編集すればいいか。電子チラシ裏。

流通vs銀行、家電vs光学機器、電気vsガス、フリーペーパーvs雑誌――成熟市場で「成長」を求める壮絶な戦いが始まった。予期せぬ競争相手の出現、破壊される収益構造など、進化するビジネスモデル戦争の本質を説く。

新しいルールをつくれ!成熟市場で始まった顧客の奪い合い。それは、業界という枠組みを越えた戦い―“異業種格闘技”であり、ビジネスモデルの戦いである。この新しいタイプの競争構造を「事業連鎖」で読み解き、新たなビジネスのルールを確立するための手法を提示する。


って内容まとめだとさ。密林より。

で、自分の感想は、参考文献の焼き直しってところだろうか。読んでて「あ、これどっかで読んだことあるor聞いたことがある・・」と思うことが多め。前回の課題が『FREE』であった流れで本書の参考文献である『ロングテール』・『グーグル~既存のビジネスを破壊する』を先に読んでいたことが大きいのだろう。ともすると、この本は参考文献を読んでいればいいんじゃね?とも思ってしまうのだが・・どうなのだろう。他の参考文献まで手が伸びないからなぁ。なんとも。参考文献を分かりやすいようにまとめつつ、自分の意見として昇華してる、ということなのかな?まーそんなこと言ってたらどの本もそんなもんだ。気にせずに進めたほうがよさそうだ。

フリー「なんとなく肌で感じてることを文章にすることでハッキリさせた」
異業種~「それなりに分かってることをより分かりやすい言葉で説明してみた」
こんなところか。なんだかなー。ハードカバーで高い割に合ってない気がして。自分のケチくさい性格が災いしてるのか?サラッと読み流せるのは良いんだけど、それって目新しいことが少なかった、ともいえるのではなかろうか。

著者著者ブログ)は東大卒・慶応修士・コンサルアドバイザー・・へぇ。なんとも素晴らしい経歴ですね。あー、でもこの人の本ってどれも後だし感が。『すごい議論』って本は気になリストに入ってるけど、これって訳書だからこの人の本とは・・いえないよなぁ。Amazon検索で出てくる本。んー、その分野の本をまとめあげて新しい本にしていくのが上手な人なのかもしれない。
でも経歴からしてきっと素晴らしいんだろう。きっと。おそらく。たぶん。存外。もしかしたら。皮肉。

ああ、いやいや刺々しく言い過ぎか・・な・・。



銀行vs流通 家電vs光学機器 電気vsガス 広告vs出版
 ――業界の垣根を越えた〝顧客の奪い合い〟が始った!あなたの事業に明日はあるか?


目次

第1章 いま何が起きているのか
第2章 なぜ異業種格闘技が頻発しているのか
第3章 事業連鎖-異業種格闘技を読み解くカギ
第4章 どんな戦い方があるか
第5章 事業連鎖を描く-異業種競争戦略Ⅰ
第6章 ルールをつくれ-異業種競争戦略Ⅱ
第7章 革命を起こせ-求められるリーダーシップ


第1章
(事例が多くて面白いかもね)
異業種格闘技とは、異なる事業構造を持つ企業が異なるルールで同じ顧客や市場を奪い合う競争である。

第2章
(そりゃですよねー。前提の確認か?)
日本経済の成熟化と情報通信技術の発達が競争を頻発させている。
皆が新しいことをやろうとしても、すでにそれをやっている人たちがいる。
情報によって消費者が変われば、企業も変わらざるを得ない。ビジネスモデルとビジネスモデルの戦いとなる。
1・いままでの競争ルールが通用しなくなる 2・成功している企業ほど失うものが大きい。

第3章
(わざわざバリューチェーンって言葉を出した意味あったのかなぁ)
消費者起点で事業連鎖を考える。直前のもの以外はまとめられることも。
①置き換え    例)フィルムからメモカに、カメラがデジカメ・カメラ付携帯に、現像所が自宅プリンターに、
②省略      例)現像+焼き付け → デジカメの登場で不要に。
③束ねる     例)フィルム+カメラ →レンズ付フィルム、取次店+現像所 →ミニラボのあるお店
④選択肢の広がり 例)画像をどうするか? →昔はアルバムに貼るだけだったけど、今は携帯・パソコン・TV 等などで見ることも。
広い視点で業界を眺めること、消費者視点で業界を見直すことで動きを見落とさずに済む。
競争相手は顧客価値・儲けの仕組み・競争優位性のどれかのルールを変えて挑んでくる。

第4章
(P112の図表を出してから説明したほうが良かったんじゃ・・)
同じ価値を同じ手段で(人件費の差)
同じ価値を異なる手段で(中抜き・レンタル)
異なる価値を~時間、空間、財布を奪い合う(ネットのせいでTV視聴時間減?駅前地争奪戦)

第5章
(復習)
第3・4章の話を戦略として使えるか?

第6章
(横文字使う理由はないな)
どう稼ぐか?
①トールゲート 誰もが使う仕組みを作って(高速料金所)
②イネーブラー 自分の「料金所」を普及させるため撒き餌をまく(どこかの携帯会社みたいな 学生は無料! とか①でしぼりとる)
③エンラージメント 「料金所」をテコに周辺分野へビジネスを広げる(アマゾンで本を買うつもりがCDにも手が伸びていたぜ・・)
④ブロックプレイ ライバルの「料金所」を封じ込める(グーグルのG-mail、純正じゃないけど同じ値段で3倍のプリンタインク量!な商品等)

第7章
(あたりまえのことですよねー)
攻め・守り。「結局はどうなるかわからねー」と諦めずに状況を判断する必要がある。広い視野と判断力を持ったうえでのリーダーシップが大事です。


まとめはこんなところか。

あれ?これって まえがき だけで終わってるんじゃね?

よくまとめられた まえがき と言えば聞こえは良いが・・んー、なんだろう。やっぱりちょっと薄味かな。
さて。どうしたものか。フリーと内容を被らせることも出来そうだが。第3章を広げることで稼げそう。
特に 束ねる 要素が強い物が多いからなぁ。i-podとかスマートフォン系はこれの塊だろう。
PS3とブルーレイ再生機ってのは・・んー微妙だな。ソニー自体がそっちのメーカーだしな。
あーくそ腹減ったな。なにか食うか。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://u1r0.blog50.fc2.com/tb.php/532-0aef5533
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。