スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビッグカメラ ではなく、 ビックカメラ その理由とは?

2008年08月24日

近場にあるビックカメラを見て、ふと思う。

なんでビッグ(BIG)じゃなくてビック(BIC)なんだろう?と。
wikiによると・・


「ビック(Bic)カメラ」を「ビッグ(Big)カメラ」とする誤用が多くみられる。

『「ビック(bic)」とは英語の方言で「(外見だけでなく中身も)大きい」の意である(元はbig)。創業者の新井会長が、バリ島を訪れた際に現地の子供たちが使っていた「ビック、ビック」という言葉に、「偉大な」という意味があると聞いて社名に使った』というものが、会社の公式発表。


だそうで。自分としては、他の店と名前が被った著作権的な理由で、とか、実はBigとは違う深い意味があるのでは?と思っていたけど、ただの方言違いか。

ここで敢えてBicにしたのは、創業者の思い出があるからなのね。ちょっと茶目っ気があって良し。
(Bigだと普通すぎるってんで少し捻った?のかもしれないけども)

最近はなにかと大変みたいだけど、頑張ってもらいたい。近場にあるから。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://u1r0.blog50.fc2.com/tb.php/58-1d6bf356
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。