スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Armored Core Off-line Arena ~ ACOA渋谷対戦会レポート その2

2010年08月10日

その1
いまさらだけど、ひと月(7/4)のACOAのレポートその2
こっから対戦についてのレポートになります。うろ覚えだなー。また何か大会があったなら参考にしてみてください。



会場入り。
ひ・・ひと多いよ!
7/10のレイヴンズ・ミーティングのときでもそうでしたが、人口密度がヤヴァイ。
PS3用2台、箱○用2台の計4台のTV台がありました。ゲーム機・TVは店側のサービスで用意してくれるので対戦環境は良好。田舎にはこんな店無かったなぁ。
PSPは店のカウンター席に座って行うとのこと。

男密度1000%の中、主催による会場挨拶の後、対戦開始。

よーしパパ頑張っちゃうゾー

今回自分が使用した登録機体は

【第一回ACOA登録機体 ・・SGHM-マクミラン大尉(無限正義鉄飛行機伍式)】
外装  S4(00073)UA(60040)XS(03070)90A2(00064)
内装  ヴァル2(3007)・F73H・金剛(00A)・ANANDA(208)
武装 + : 30デコイ・ホバーブースター
    肩 : 右デュアルミサ・左大グレ
    腕 : 右重ショ・左ハンミサ
格納 右復刻9パルスRUKH・左シルフ
OP  実防・E防・EN容量+・ロック解除パルス・サイト拡大・旋回+・E攻+


AC3のランク2、BBを模した重量逆間接機体。ガチとビジュアルの両立を目指した。
外装をすべてクレスト系パーツで固めたことで全体としての統一感があり、UAのゴツさも重逆間接に合わせることで自然なものに。
機体前方左上からの見てくれを重視しており、外装だけでなく肩武器の形・左右配置も考慮されている。
ビジュアルのためにレーダーを捨て、大グレを背負っているホバブ機体。
ショットガン・マシンガン・パルス・ハンミサ・デュアルミサ・グレ、そしてホバブ・・と様々な種類の装備を扱うので、使っていて面白いビックリ箱機体でもある。

・使い方
1) 大グレを開幕パージ。これで重量過多でなくなり、かつホバブを使ってもENが減らなくなる。
   相手との距離が遠ければ威嚇として開幕構え撃ちをしてもカッコイイ。今大会では2・3Pの開始位置が近いため断念。
2) 素ジャンプしながらデコイを撒き、領域ギリギリの高度でホバブを使用し、高高度からデュアル+ハンミサを撃つ。
   序盤は相手もミサを撃ってくるので、デコイはすぐに出せるように心の準備も怠らずに。
   ハンミサを撃ってきたら、こっちはハンミサ+デコイを撃っておけばデコイ差分で撃ち勝てる。
   ハンミサは切れたら即パージ。これでENがどんどん回復するようになる。
3) 中・遠距離:デュアル、中距離:削り重ショ、近距離:重ショ+シルフを扱う。
4) デュアルも使い切ったらパージ。ここまでくれば速度も出るので地上戦も楽になる。
5) 相手とのAPを見比べながら、上空・地上の撹乱戦をする。重ショは弾が余りがちなので削りとしても使う。
   重ショもパージすれば機体速度470km/h、シルフパージで500km/h弱まで伸びるので、なんとかなる。

本当にビジュアル重視にするなら、右手重ショを24マガスナに換える。軽いだけ上昇しやすくもなる。
ガチ重視にするなら、S4→S2orガンダム頭、左肩大グレ→初期レーダー(ガンダム頭なら不要)orミサor中型ロケット、重ショ→800マシorフェンリル(この場合は肩デュアルミサを初期ミサにする必要があるかも)にすればそこそこイケる。また、EN回復を早めるためアナンダのチューンを消費ENに回してもよい。



第1試合 弓兵(×) vs 黒シャケさん(○) (審判:マッツンさん)
初戦はAブロック一番の強敵、黒シャケさん。kaiで対戦されていたとか聞いていたのでちょっと身構える。

相手の初期APは9400。UA+S3の鉄壁守り機体。武装は不明。S3ならフェンリルの可能性もある。
まずは大グレパージ、領域ギリギリ高度維持、攻撃に入る。
様子を見て・・ステンバーイ・・ステンバーイ・・GO!!デュアルミサ発射!!!

バスン

その瞬間、青いレーザーがミサを捉えた。

・・・ん?これはまさか・・

 水 月 デ コ イ S 3 

HAHAHA御冗談を。

天敵である。マクミラン大尉は滞空中の中遠距離攻撃手段がミサイルしかないからだ。
そのミサイルを潰されてはどうしようもない。
デュアルミサ36発+ハンミサ24発、合計60発。このうち、水月が70%で機能するとして、相手に向かうのは18発。
18発なら10デコイですらどうにか対処できてしまう。
10デコイ使うならハンミサフェンリル機体かもしれない。
・・まぁでも普通は20デコイが装備されていることだろう。むしろ対人戦でそれ以外はあり得ない。

あ、36スナが飛んできた。痛ぇ。となると20デコイ確定だな。
こうなるとミサでのダメージはほぼ期待できない。
ハンミサが飛んでこないってことは左はリボハンか。グリフォンだとそれはそれでマズイんだが。
これじゃ30デコイ積んできた意味あまりないな・・死荷重だ。

バカスカ迎撃されていくミサを眺めながら焦る大尉。どうすんだこれ。

おまけに、最初は相手も驚いてくれるのだが、慣れてくると空中からのミサイルは避けられてしまう。
空中から機能するミサとしてデュアルを選んだが、コツをつかまれるのも時間の問題だ。
(水月デコイ対策としてマイクロも積んだverもあったがENの関係からミサオン機体になりがちで、カッコ悪くなる)

案の定、ミサイルではあまりダメージを与えられなかった。
この守り・・黒シャケさんからアルスさんの影が見える!!戦い方が似てるからかな?

AP差がそこまで開かないままハンミサ&デュアルミサ時間終了。
36スナにも被弾しまくってAP差ほぼないまま手武器戦闘に突入。
重ショでしょっぱいAP勝ち状態を維持していたものの、残り2分30秒くらいでAPをひっくり返され、一転追いかける展開に。
・・この機体追いかけることはあまり考えてないから速度でないです(^q^)
必死こいて建物裏の黒シャケさんを追いかけ、射撃戦に。
引き36スナ+リボハン vs 追い重ショ+シルフ
んー、重ショの特性からしてこのままじゃ引かれる相手だと完全に撃ち負ける。
弾は余っていたものの、重ショを潔くパージ!復刻⑨パルス、期待の RUKH をいそいそと取り出す。

まさかあんなホバブなのにこんな多彩な重武装になっているとは思うまい!
36スナ相手にRUKHの瞬間火力差でAP差ひっくり返したったで!どや!

36スナなんか捨ててかかってこいよベネット!!

・・・とか内心叫んでたら、本当に36スナを捨てて今度は格納ROC4が出てきた。
ごめんなさい36スナのが楽でした重逆間接はEN防御が紙なんですやめてくださいしんでしまいます(^q^)

追いROC4+リボハン vs 引きRUKH+シルフ
必死こいてROC4をかわしつつRUKHを撃ちこんでAP差を広げることに成功。

よし、羽ばたけ!俺のホバブ機体!!

再度高高度へ飛び立ち、制限高度400ギリギリをマーク。警報鳴りまくり
相手がこっちの頭上を取ろうもんなら確実にエリアオーバー勝ち出来るぜ!(Seiyouさんも退場しまくってたし)

ふ・・ホバブ機体を使わない人は高度計なんて画面表示から消しちゃってるもんな・・

さぁ!焦って攻めてきて、軽くなった機体で「今なら飛ばれても頭上取れるしw」とか思いながら退場するんだ!
ちょっとドス黒い心の声ですが、これもまたホバブ機体における戦術。
LRPにも関わらず速度が出ない機体使ってるんだ、許しておくれ。

ん、相手も同高度まで上がってきたけど本当にギリッギリで滞空して攻めるの諦めたな。
というかあれで退場しなかった黒シャケさんは本当に神懸かってた。退場しないとかありえん。運良いな・・。

まぁミサがほとんど無効化されたのにはビビったけど、手武器でも戦えるじゃないか大尉殿。さすがです!
あとはAP差を維持しつつたまに高度を上げたり地上に降りたりを繰り返して時間を潰せばおしまいかー。

ステンバーイ・・ステンバーイ・・

このAP差であと50秒か。なんとかなったな。お、相手が攻めてきた。ちょっと引きながら迎撃するか。

GO!

 -LOSE-
えっ

まさか・・・た、たた、退場だー!!
警告アラームで横領域が近いのに気がつかなかった・・だと・・
いやー、上空離脱はよくしたけど、横離脱は初めてだった。不覚。
今(8月21日)当日の大会リプレイ見ると、「よくこんな濃霧のなかレーダー無しで行ったな―」と思う。
まだ腕が落ちていなかったようだ。

もっと序盤のミサでAP差をつけられることが出来ていたなら、最後の迎撃で焦ることもなく領域にも注意できたのだろう。
ミサ迎撃に焦らされた時点で完全に自分の負けだったようです。残り50秒、AC倉庫にて横方向に退場して死亡。二階級特進はなし。

ふへー。にしても参った。初見殺しなビックリ機体だと思ってたけどやられた。

司令官「信じられん・・我々の切り札がこうも・・我々の、敗北だ」



第5試合 アツゥ・オタスさん(○) vs マッツンさん(×) (審判:弓兵)
リプレイ撮り忘れたので(爆)解説はなし。判定勝負になってたらヤバかったな・・。



第6試合 弓兵(○) vs 字楽さん(×) (審判:黒シャケさん)
字楽さんは
[外装] S2・軽実EOコア・最軽量腕・軽烏足
[内装] TP・
[武装] 800マシ+56ショ 36ミサ+初期レーダー
というイケメン機体。
正直なところ、初期AP7000台が見えた時点で結果は見えていた・・のかもしれない。
TPを積んでおり、ジェネも出力が低いようで、消費ENがキツイ軽量脚による近距離戦闘に特化している。
故に高高度ホバブにこうなるのも仕方のないことかもしれない。自分のことながら、嫌らしい戦術だなぁ。申し訳ない。



第9試合 PEN=Cさん(×) vs マッツンさん(○) (審判:弓兵)
PEN=Cさん
[外装] 眼3?・軽EOコア・レムール2・ディンゴ2
[内装] ヴァル2・
[武装] ファマス+強ショ 生体反応付レーダー+36ミサ 垂直連動
パージをパージする代わりに操作性を重視したキーコン。
機体のシルエットが丸っこいなかディンゴ2の爪先の尖り具合が良い感じのビジュ中量二脚。

マッツンさん
[外装] S2・U2・XS・重四脚
[内装] ヴァル2・ロータス・
[武装] 180ライフル+リボハン 大グレ+初期ミサ 実弾迎撃
[格納] ポリハン+ポリハン
APが9000近く、実弾防御もそこそこな大グレ四脚。なぜかEXが実弾迎撃。

初期AP差がかなりあったものの、EX実弾迎撃がニートっぷりを発揮しマッツンさんがミサに当たりAPを逆転される。
PENさんがライ+強ショ+EOでAP勝ちを維持していたところにマッツン怒りの大グレ炸裂、殴り合いが続く。
AP1300(PEN)・AP1900(マッツン)となったところで、マッツンさんまさかのチャージング。
すかさずPENさんが攻め込むが、AP差200まで詰めた所で痛恨の弾切れ。
序盤から距離300辺りでライ+ショを撃ちすぎたのがこの終盤に響いたようです。
EOでチャージングから復帰したマッツン四脚が接近していたPENさんにポリハンを撃ちこんでシメ。
APが拮抗した良い試合だった。



第10試合 弓兵(○) vs PEN=Cさん(×)
登録機体は一機体のみなので、アセンは上記参照。
相手がすぐに攻めてきたので焦り、2度目の退場の恐れもあり高度300あたりで滞空してしまう。
微妙に36ミサ+垂直ミサに当たりながらも、デコイを出して耐える。
残り2分でAP6000勝ちだったのでミサを捨てて地上戦へ切り替えるも、やっぱり大尉は近距離戦は苦手な様子。



第12試合 字楽さん(×) vs マッツンさん(○)
AP差は1300。字楽さんがミサで様子を見るも、ロック解除パルスの影響でマルチロックが出来ない。
・・・とはいえ、ニート実弾迎撃の影響からマッツン四脚がミサに被弾、APをひっくり返される。
AP差600ほどあったので、字楽さん有利かと思われたところに、マッツン怒りの大グレ2発が入る。
字楽さんが大グレリロード中に攻め立てるも、そこにさらに大グレ2発が撃ち込まれ、APが赤くなるまでもなく吹き飛ばされてしまう。
やっぱり大グレは2発までが限度だよなぁ。3発以上入るとまず厳しい。



第13試合 弓兵(○) vs アツゥ・オタスさん(×)

アツゥさん
[外装] 頭?・U2・ジャック腕・九月
[内装] ガル・ロータス・アナンダ
[武装] 対ACライ+強ショ 垂直ミサ+シャカツラ マイクロ連動
[格納] ?・?
九月汎用機体。ミサイラー+ガンナー。おそらく格納にはリボハンあたりが入っていたのだろう。
E防は低そうだがAP・実防も高めで内装周りも堅実、これなら全ミッションこれ一機で対応できそうだ。
ミサイルと手武器・格納に重量を割いたためか、デコイを積んでいないことが問題。
対人戦、特にミサイル依存気味なLRPではデコイや水月等のミサイル対策装備を積んでいないだけで負ける原因となるからだ。

退場を恐れ、絶壁を背に滞空した結果、垂直・シャカツラ+連動マイクロに多少被弾する。
けれどもデコイを3つ三角形に配置する“儚いデコイの島”という結界を張ることで対処することに成功。
某腐れ谷のように、腐敗人(大)×3がいるわけではない。
対戦慣れしている相手だなぁとは思ったものの、なぜかデコイを装備していなかったのでこちらのミサがよく通り、おしまい。
AP6000ほど開いたので地上戦に移行、重ショ+シルフで削り、残り40秒まで粘ってからパルスを取り出して迎撃。
アセンや動きが悪くないだけに、デコイ積んでなかったり時間が無いのに格納を取りださなかったりともったいないなぁと思わせる方だった印象。



第15試合 弓兵(○) vs マッツンさん(×)

最終試合。まさか動画主と戦える日がくるとは・・これだけで参加した意味もあるってもんだ。
第1試合でもう無限飛行機体とキャラバレしているが気にしない。
画面端(壁)に詰めてミサ回避が難しい所にミサ連携を入れてみる。
EX迎撃とはいえ、今回は水月じゃないこともありミサがすんなり通って勝負あり。
ミサだけでAP7000近く開いたので地上戦に切り替えるも、攻めすぎてチャージング。金剛で助かった・・。
逆間接は反動にも弱いので、チャージング中に大グレ乱発されてたら脚が吹っ飛んでたかもしれなかった。
残り2分で格納武器に切り替え、大グレを避けつつ相手の死角に入りパルスを撃ちこんでシメ。



LRP Aブロック 5戦4勝1敗

俺が横にタジョッた相手が黒しゃけさんだったのがマズった。
本選決勝で出せなかった無限正義鉄飛行機弐式の弔い合戦だったがなんという仕打ち‥!最後まで戦わずに終わる納得のいかない幕切れ。
ルークさんはこんな十字架を背負っていたのか‥ジーザス。
勝っていたのに負ける‥それが退場。ノーダメだろうと‥AP勝ちなんて関係ない‥俺の心が軋んでHeavy Rain。

にしてもその後黒しゃけさんはルークさんをもなぎ倒して優勝しちゃったのには驚いた。後半ROC4覚醒状態が来てた。
鯉ならぬ鮭の滝登りやでぇ。
やっぱり水月は良い仕事をするなぁ。ステイシスプラモ羨ましすぎる。おめでとうございます。

ちなみに、激戦区のBブロックは
1 ルークさん(5/0)  2 ROYさん(4/1)  3 グラジエイターさん(3/2)
の順だったとか。詳しいことはそっちのブロックの人にまかせます。

(追記8/22 みかんさんの公式関東予選レポを見て気がついた。
関東B・Bブロック3回戦で自分と黒鮭さんは戦ったことがあったのか!そういえば対戦前にそんな話をしていたような。確かあのときは2Pアリーナで必死こいて36スナハンミサばら撒いた覚えがある)



<関連記事>
Armored Core Off-line Arena ~ ACOA渋谷対戦会レポート その1


<関連リンク>
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://u1r0.blog50.fc2.com/tb.php/590-d1afbc14
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。