スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACV体験版 雑感その1~キーコンフィグについて

2012年01月23日

プレイヤー「ひどい…」
QB「仕方ないよ。フロムのサーバーでは荷が重すぎた」
QB「でも、フロムも覚悟の上だろう」
プレイヤー「そんな…あんまりだよ、こんなのってないよ」


第1章 ACVのキーコンフィグについて
アーマード・コアVの体験版について。

自分はCβtに参加していないので初めてのACVだったわけですが。
やってみた感想を一言で表すなら、「ソフトそのものの完成度はまぁ高いと思うけど、対人戦は大丈夫なの?」ってとこでしょうか。
詳しくは後述。まずは基本操作やパーツの色々について。


【1.ACVのキーコンフィグについて】
[1-1 デフォルトのキーアサイン]
左スティック上下左右:前進・後退・左平行移動・右平行移動
右スティック上下左右:上視点移動・下視点移動・左旋回・右旋回
L3:グライドブースト(以下GB)
R3:戦闘モードとスキャンモードの切り替え

L1:ブースト ON/OFF
R1:肩武器
L2:左手武器(スキャンモード時はスポット)
R2:右手武器(スキャンモード時はスキャン)

○:リコン
×:ジャンプ/ブーストドライブ
△:武器切り替え/オーバードウェポン(以下OW)
□:ハイブースト(以下HB)/ブーストチャージ

十字キー上:なし
十字キー下:武器パージ
十字キー左:ブザー
十字キー右:テキストチャット



[1-2 自分のキーアサイン]
左スティック上下左右:前進・後退・左平行移動・右平行移動
右スティック上下左右:上視点移動・下視点移動・左旋回・右旋回
L3:モード切り替え
R3:リコン

L1:左手武器(スキャンモード時はスポット)
R1:右手武器(スキャンモード時はスキャン)
L2:ブースト ON/OFF
R2:HB

○:肩武器使用
×:ジャンプ/ブーストドライブ
△:武器切り替え/OW
□:GB

十字キー上:なし
十字キー下:武器パージ
十字キー左:ブザーの使用
十字キー右:テキストチャット
に変更。今作はスティック・十字キー含め完全にキーコンフィグを弄れるので、やろうと思えば旧作(初代~LR)操作にもできるのだが、これは4系に近いものとなっている。

総プレイ時間としては 旧作合計>4系合計 なのだが、
1.旧作だと上下視点移動がL2とR2になるが、PS3コントローラーの特性上押しにくい。
(また、対人戦闘はPシリーズからの新米なので、上下視点移動がL2・R2でうまくできるかも不安だったこともある)
2.常にダブルトリガー状態(さらに肩武器のミサイル)で戦闘しなければならないVのゲーム性
3.ブースト関連のボタンが旧作とくらべて多くなっており、旧作の感覚で操作を行うと混乱しかねない
などなどの理由から4系風キーアサインを採用した。

[1-2.1 変更した各ボタンの配置について]
〔ブースト関連〕
ブースト ON/OFF(L1→×):ブースト(ジャンプ)といえば×ボタンでしょう!と。またL1は4系の左武器発射に合わせた。
ジャンプ(×→L2):×はブーストON/OFFと決めていたため。4系準拠ならば×なのだろうが、押しっぱなしでブーストドライブが発動することを考えた結果である。仮×に配置した場合に他ボタン(○△□)と同時押しすることを考えると妥当だろう。
HB(□→R2):4系のクイックブースト(以下QB)と似た役割と判断。実際は緊急回避専用のようだが。また、HBは押す時間によって効果が変化するため、QBの二段で慣れた押し具合からしてもR2に決定だろう、と。
GB(L3→□):ブーストボタンとした×との連携しやすさを重視した。GB→ブーストOFF→ブーストON→GBが必須技術となることを見越している。

〔武器関連〕
肩武器(R1→○):4系キーコンに準拠。このことでフルトリガー(L1・R1・○)も可能。
左武器(L2→L1):同上。また、左右武器に関しては頭の中での左右配置を揃えておきたかったことも大きい。
右武器(R2→R1):同上。

〔索敵関連〕
モード切り替え(R3→L3):予想以上にモード切り替えを頻繁に行うことになることが判明した。一瞬でも切り替えるだけでEN回復できるため、移動しながら(最悪戦闘中)の使用を考えL3に変更した。誤作動が怖いが、R3で視点移動中にミスるよかマシ。
リコン(○→R3):オペレーターのことも考えると、結構使う機会も多いリコン。移動関連と干渉せず、また本戦闘において誤作動してもそこまでリスクがないと考えられるためR3に配置。


[1-3 一部で話題となったAC持ちについて]
2chのACスレにて話題となった「AC持ち」。コントローラーの表裏をひっくり返すという荒業に多くのゲーマーが驚いた。
(参考)◇【ACV】君は 『アーマードコア持ち』 をまだ知らない ~ ばるろぐ!
うむ、確かにしっくりくるように感じた。幻の冷凍みかんさんによる指を8本使う持ち方、所謂「みかん持ち」の場合コントローラーを支える指が薬指のみとなるため安定性が乏しかったが、これなら・・・!

とも思ったけど、これはオススメできない。

まず、これまでの操作感覚とあまりにかけ離れている。
十字キーと○×△□。配置位置をひっくり返したところでボタンの押し具合・感触は大きく異なる。
また、薬指でスティックを操ることの違和感。スティックは大抵の場合、戦闘における肝心要である移動とロックオンが割り当てられる。その重要なポジションを通常のゲームでは使わない薬指に委ねていいものだろうか?

また、これまでのAC操作による経験を完全に失ってしまう。
操作を大きく変えることは、それまでのAC経験値を失うことを意味する。旧作から4系に移行した時はまだボタンの配置が変わっただけで済んだが、コントローラー自体を裏表ひっくりかえすとなると話は別物だ。

さらに、薬指だけでなく親指にまで繊細な操作を要求されることになる。
トリガー式を採用したPS3のL2とR2は押しこむ際に「あそび幅」のある独特なボタンである。押しこみ量に左右される操作(ジャンプ→ブーストドライブ、HB→ブーストチャージ)が存在する以上、親指でL1やR2を押しつつL2・R2も操作するとなると、かなり操作難易度が上がるように思われる。

最後に、これは微妙な話なんだが、自分は周辺視野の力を信頼している。脳は周辺視野からも多くの情報を取っているのだ。
光の刺激は網膜で神経情報に変換されて、後頭葉にある視覚野の一部に伝えられる。
外の世界が目を通して第一次視覚野に写されたのち、その情報は「何」を見ているのかという回路と、見ているものが「どんな」だという回路に分けられたのち処理される。
このとき、「何」については側頭葉で、「どんな」については頭頂葉で処理される。
側頭葉には具体的な「もの」(ここではスティック)に反応する神経が集まっており、
頭頂葉は「もの」がどんな状態なのか(ここではスティックの動き・傾き・色など)に反応する神経が集まっている。よって・・・

・・・と書くと長くなりそうでめんどいから省略する。何が言いたかったかというと・・・
自分の意識が「見ていない」と判断していたとしても、周辺視野にあるものも脳みそは一応情報処理をしている。
よって、裏表をひっくりかえした「AC持ち」だと無意識のうちに動きを修正して防がれていた誤操作を起こしやすくなるのではないか、という話だ(コメント欄に「盲視」についても書いておいた)。

そもそも、そこまでボタンが足りていないわけではない。
経験を捨てるよりは、ふつうの持ち方で慣れたほうが良いことは間違いないだろう。


第2章につづく。







関連記事


コメント

  1. トクナガ | URL | -

    Re: ACV体験版 雑感その1~キーコンフィグについて

    周辺視野・・・
    確かに、暖めるために手に毛布かけてプレイすると若干違和感感じますね

    操作感覚に関しては、一回無意識に操作できるほど慣れてしまったら今までの経験というか、直感はいかされると思いますよ
    まあ薬指だけ親指並に独立させて動かすのは相当難しそうなのでAC持ちは確かに厳しそうですw

    所で自分のブログに弓兵さんのブログのリンク貼らせてもらってもいいですか!

  2.  弓兵 Lv. 2 | URL | -

    Re: Re: ACV体験版 雑感その1~キーコンフィグについて

    人間がものを見るとき、左右どちらの目についても、左側の視界は脳の右半球で、右側の視界は脳の左半球がカバーしてるそうです。
    これがどういうことかというと、右脳の視覚野だけがダメになったひとの場合は視野の左半分が見えなくなる(右半分は正常)ってことです。
    さて、その右脳視覚野がダメになった人(以下被験者)の左半分側の視野範囲でライトを光らせてみます。
    すると、もちろん被験者は光った場所が分からないはずで、被験者本人も「ライトが光っていたことすら気がつかなかった」と言います。
    でも、強引に「適当でいいんでどこが光ったか指さしてみてもらえませんか?」と聞いてみると、「見えていない」はずのライトの位置を当てることができちゃったりするんです(盲視[Blind Sight])。

    見えていない範囲ですら情報処理しているのに、周辺視野でそれを行っていないはずがない…自分はそう考えます。

    AC持ちは幻想。

    ≫こちらこそブログにリンクさせてくださいお願いします!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://u1r0.blog50.fc2.com/tb.php/679-39aa3338
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。