スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーチェリー夏合宿反省会

2008年09月09日

9月2日~9日まで長野の高原で夏合宿。
正直、一週間も旅行したことなかったから荷物の準備が大変だったなw
かなりキツかったけど、高原だからか全く汗をかかなかったな。
そして、中学時代の肌の黒さに戻ったのでした。
天の川に流れ星も見れて満足。東京じゃ1等星くらいしか見れないからねぇ。

この合宿の目標は
◆綺麗な射形
◆力みをなくす
◆何より、体力をつける
◆まっすぐ立ち、まっすぐ引く。

9/2 合宿初日。 射場設置。

9/3
30m 205・251・222・173・234・221 (216射)
◆2Rで新記録がでるも、押手パワーががた落ちで3Rは残念なことに。
◆力みと早気がひどい。分かっていても、照準が合った瞬間に撃ちたくなってしまう。
◆リリースをしっかりすれば真っ直ぐ飛ぶ。中指を意識して引くとバランスが良いかも?

9/4
30m 155・216・161・137・166・225 (216射)
◆セットアップで息を吸って、ドローイングで息を吐き、エイミングで息を止める。
◆肘の先で引く意識を持つ。ちゃんと引けばまっすぐに飛ぶはずなんだから。
◆まだ左腕が上がる。脇腹の筋肉を使う?
◆調子が悪くても凹まない。
◆レストを貼りかえたらレストダウンが完全に解消された。

9/5 休憩日。しっかり休みましょう・・・ってお前www 
    超危険な花火大会実施。打ち上げ花火を横撃ちすると大変なことになるのはよく分かった。
    競技テスト実施。86点。
30m なし・なし・179・220 (144射)
◆朝から矢がダウンしがち。でも引きは良くなった。
◆〝平行四辺形をイメージして引く〟ことで肩が少し落ちるようになった・・・ハズ。

9/6 監督によるアーチェリーに使う骨&筋肉講座。北京決勝の観戦と解説。
30m 166・195・115・なし・218・146 (216射)
◆昨日より矢がダウン。Mった矢がほぼ全て畳の間に吸い込まれたのには笑ったw
◆押手を〝持ち上げる〟ってのは良い。下ろすときに固定しやすいし。難しいけど。
◆良いリリースってのが分かったけど安定しない。首筋に沿ってズルッと?
◆押手を残すようにするとちゃんと当たった?
◆なにより引き尺が一定でないのは問題あり。

9/7 講座その2。肩甲骨について。弓具テスト。89点。
30m 218・247・なし・なし・240・260? (216射)
◆クリッカーを装備してもらった。ワッシャー2枚の借り。これでかつる!
◆早気は治ったものの、なかなか切れないのがクリッカー。ちゃんと肩&最初の引きを意識しないと無理。
◆午後2Rはクリッカー地獄。下ろすときに引くのがコツ。特射で地獄を突破か?

9/8 競射会 合宿の成果を出しましょう! 射場撤去。 そして飲み。夜空が綺麗。
30m 237・251 (72射)
◆昨日と違って、クリッカーが切りにくい。体力が消耗していたのか?
◆もう少し顔を真横にしないと狙いがつけにくいですよ?
◆あと1点で自己新なのに・・・っ!もっと練習しろってことですか。

9/9 後片付け。射場に礼をして解散。

途中はどうなるものかと思ったけど、何気に最終日には全体的な点数が底上げされた。
力みをなくし、肩甲骨を意識しながら練習すること。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://u1r0.blog50.fc2.com/tb.php/74-14734688
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。