スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国の暴動件数

2008年06月30日

つい先日北京五輪について書いたものの、最近の中国の暴動事件について少し調べてみた。

今回の事件は少女強姦殺人の容疑者の一人が親族だったという理由で公安が容疑者らを釈放したことが原因だといわれているそうな。

で、一万人以上の人らによる暴動が起きている、と。

今回の件は情報が外国に漏れているが、当の中国の人たちはこの事実を知らないらしい。皮肉なもんだねえ。


というのも、
94年には10,000件程であった民衆暴動の件数は
04年には74,000件、
05年は 87,000件にまで増加している。
今年は100,000件に届くかもしれない状況なのだ。

これ、1日に200件ほどは暴動が起きている計算になる。
いちいちテレビで取り上げてらんないし、放送できないはず。

また、今回のデモ参加者の割合は、中国人口の13,0000分の1。

日本の人口1億3千万と比較すると1000人規模のデモと同じ。
公安は軽い気持ちで鎮圧に入るんだろうな~、と静観しております。

最後に、正直なところ、少女一人の為に(失礼)10,000人のデモが起きるだろうか?内陸の省ということもある。極端な所得格差からの不満があって、デモには便乗したという輩がかなり多いのではないだろうか?


これは、第二外国語で中国語を取った恩恵が受けられる日も近いかも知らんね。ちゃんと勉強せねば。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://u1r0.blog50.fc2.com/tb.php/8-2c4ffc9c
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。