スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チームバチスタの栄光 【★★★   rank B 】 No.25

2008年09月13日

チーム・バチスタの栄光(2006/01)
著 海堂 尊
社 宝島
Ex 08映画化・第4回このミステリーがすごい!大賞

作者は現役の医師。
それ故に、なかなか深い病院・医局の描写がある。

原作は映画版と違って中年男ふたりが主人公なんです

ん~、登場人物が少し多すぎる気がした。バチスタメンバーが7人に教授を追加して13人くらいかな?
バチスタメンバーは田口&白鳥により2回調査しているからまだ書き分けができていたかもしれない。

(狙ってのことかもしれないとはいえ)〝厚生労働省大臣官房秘書課付技官  白鳥圭輔〟が出てくるまでの田口調査がちょいと長過ぎたのではあるまいか。

白鳥出現後はサックリ読めた。けれど、オチが少し弱いよね。乙一を読みすぎたのか?

章ごとに○月×日△曜日 午前◇時 1F~ とかのは効果ありだったと思う。

<あらすじ>
その病院には奇跡のバチスタチームがあった。
今まで術中死はゼロ。けれど、最近3度もの術中死が発生。教授は田口に調査を依頼する。

医療過誤かそれとも殺人なのか?
不定愁訴外来担当の万年講師・田口と、厚生労働省の役人にして変人・白鳥が話術を駆使しつつ患者の死の謎に迫る。


<関連記事>
◇ナイチンゲールの沈黙(上) 【★★★   rank B 】 No.546
◇ナイチンゲールの沈黙(下)  【★★★☆  rank B+】 No.547
◇ジェネラル・ルージュの凱旋 【★★★★  rank A 】
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://u1r0.blog50.fc2.com/tb.php/80-47e42d58
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。