スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[本] そこに僕はいた

2012年03月12日


そこに僕はいた (新潮文庫)(1995/05)
No:0063
Rank: B
著:辻 仁成
社:新潮文庫
属:エッセイ(芥川賞受賞作家)・青春・回顧
読了1:?
読了2:未
Ex:著者は「海峡の光」(1997)で第116回芥川賞受賞。

・「当時は気がつかなかったけど、今にして思えば、あの頃は良かった」「もうあの頃には戻れない」型のエッセイ。
・毎日のように遊んでいた友人でも、大人になるにつれて音信不通になり、そのまま一生を終えることもある。
・こちらが覚えていても、相手が忘れていたりもする。
・これを読んだときはまだ中学生だったように思う。大人になるにつれ、各エッセイの破壊力が上がっていくのではないだろうか。またいつか改めて読んでみたくなるエッセイ集だ。

◎手元に資料がないため以後修正





[関連記事・リンク]


[関連本]

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://u1r0.blog50.fc2.com/tb.php/842-b3af87e9
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。