スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[本] センター試験の裏ワザ2006 英語

2012年03月14日


センター試験マル秘裏ワザ大全 英語〈2006年度版〉(2005/08)
No:0082
Rank: C
著:津田秀樹
社:洋泉社
属:雑学
読了1:?
読了2:未
Ex:袋とじ仕様なので立ち読み不可。
  この感想は2006年度ver。最新年度verではないので注意。

↓筆者による内容説明部。
センター試験は多くの人が受けるものだ。故に、平等でなければならない。
そのために選択肢ひとつを作るのにもずいぶんと工夫を凝らす。罠をかける。
この本は、それを見抜き、逆にそこから解をはじきだすことを主眼とする。
――1つの裏ワザで選択肢を2つ消し、また他の技を使うことでさらに削る。
このことで、〝全く手のつけられない問題〟であったとしても、解答率を格段に上げていけるのである。
その技を詰め込んだのが本書であり、故に袋とじである。

・センター試験は、50万人が受ける。だからこそ、作問委員会の裏をかける!!と筆者が説く。
・ちなみに、本書はあまり使えない。英語は実力のみでやることを薦める。姉妹本である国語版はそこそこ使える、というより、雑学として興味深い。
・多大な人数の未来を決定づけるテストを作るひとたちの苦労が分かる本。

◎手元に資料がないため以後修正





・たとえば、
1.白い帽子を被った青年が林檎を拾った
2.青い帽子を被った青年が林檎を拾った
3.帽子を被った青年が林檎を拾った
4.青年が林檎を拾った
・・・上記4つの選択肢があったとする。
この場合、どれかが正解で残りが不正解であるなら、どのような問題文であれ、問答無用で4が正解となる。
というのも、4が不正解であるなら、1~3いずれもが不正解となるからだ。
もちろん、1・2よりも3のほうが正解の選択肢により近い。概念の範囲がより広いためこのようなことがおきる。



[関連記事・リンク]


[関連本]
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://u1r0.blog50.fc2.com/tb.php/850-c6ff8da0
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。