スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[本] ラストホープ

2012年07月16日


ラストホープ 福島孝徳 「神の手」と呼ばれる世界TOPの脳外科医(2004/03/20)
No:0148
Rank: A
著:福島 孝徳
社:
属:医療・生死
読了1:07????
読了2:未
Ex:副題“「神の手」と呼ばれる世界TOPの脳外科医”

・“一発全治”と“すべてを患者さんのために”を信念に世界を股にかける日本人脳外科医の自伝。
・年間900もの術式をこなすその技術は世界最高峰。
 脳に関することならあらゆる種類の術式をこなし、術式器具の開発も行うというのだから驚きだ。
・その心身のタフさ、手先の器用さは尋常なものではない。
・人は彼の激烈にして流麗、超ハイスピードな手術を見てブラックジャックと呼ぶようになるが、彼は否定する。
 「私は神の手は持っていません」、「治せない病気もあるし、私は神様に祈るしかないのです」と。
お金のために働くな。人のため、世のために働きなさい。
挫折はあるだろうけど、顔で笑って心で泣いて。
仕事は楽しく、患者さんには喜びと幸せを。
持てるすべての力を、患者さんのために活かしなさい。

◎手元に資料がないため以後修正








[関連記事・リンク]


[関連本]

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://u1r0.blog50.fc2.com/tb.php/874-88469362
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。